タムロン、超望遠ズーム「100-400mm F/4.5-6.3 Di VC USD」を開発発表

タムロン、超望遠ズーム「100-400mm F/4.5-6.3 Di VC USD」を開発発表

  • マイナビニュース
  • 更新日:2017/09/15
No image

タムロンは9月15日、超望遠ズームレンズ「100-400mm F/4.5-6.3 Di VC USD (Model A035)」を開発したと発表した。35mmフルサイズセンサーを搭載したデジタル一眼レフカメラ向きの設計で、ニコン用とキヤノン用を用意する。2017年内の発売を予定しており、価格は未定。

100-400mm F/4.5-6.3 Di VC USD (Model A035) は、鏡堂部材の一部にマグネシウム素材を採用し、1,115gの軽さを実現。このクラスのレンズにおいて、最軽量 (同社調べ) の製品となる。

レンズ構成は、特殊硝材LD (Low Dispersion: 異常低分散)レンズ3枚を含む。高い反射防止性能を提供するためレンズ表面には、タムロン独自の「eBANDコーティング」を施す。AFと手ブレ補正の制御には、デュアルMPUシステムを採用する。最短撮影距離は1.5m、最大撮影倍率は1:3.6。別売の三脚座を用意するほか、テレコンバーター「TAP-in Console」にも対応する。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ジェムアルトのIoT接続を活用した遠隔患者モニタリングサービス
サムスンが「折りたたみスマホ」リリースを正式宣言!形状は以前とだいぶ違う模様
【iPhone 8/Xの料金まとめ】3キャリアの料金プランを徹底研究
スマホを近くに置くだけで複数台へ同時に給電できるワイヤレス充電端末「Pi」
MasterCard幹部に聞いてみた〜iPhone Xで決済はどう変わるのか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加