台風18号、九州上陸へ 17日にかけ全国で大雨厳重警戒

  • J-CASTニュース
  • 更新日:2017/09/16

大型で強い台風18号が日本列島に接近しており、気象庁によると、2017年9月17日午前中にも九州に上陸する恐れが出てきた。気象庁では、厳重な警戒を呼びかけている。

台風は16日夕現在、東シナ海をゆっくりした速さで北東に進んでいる。その影響で前線の活動が活発となり、宮崎市内では、同日午前までの24時間雨量が386ミリと観測史上最高を記録した。

17日正午までの24時間雨量は、近畿・東海で350ミリ、九州南部・四国で300ミリ、九州北部・関東甲信で200ミリと予測されている。17日夜にかけて西日本を通過するとみられ、18日には、速度を上げながら、日本海沿岸を北上して北日本に達する見通し。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ゲーム中「ご飯だよ」に激高 息子が父親刺し死亡
AV出演50回以上の消防士 同僚がサンプル見て発覚
小池知事定例会見9月22日(全文1)早実の清宮くんプロ志望でエール
約300円で仕入れた“アディダス”を5000円で販売
旅の目的にしたい イベント・祭り・フェス 「燕三条 工場の祭典」でものづくりの現場へ潜入
  • このエントリーをはてなブックマークに追加