坂本花織、空気の薄さにバテバテも「点数はついてくる」

坂本花織、空気の薄さにバテバテも「点数はついてくる」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/09/17
No image

フリー「アメリ」に合わせて演技する坂本花織

「フィギュアスケート・USインターナショナル」(14日、ソルトレイクシティ)

女子の公式練習が行われ、坂本花織(17)=神戸FSC=は15日(日本時間16日)のショートプログラム(SP)へ向けて調整した。

前日に米国入り。曲かけ練習の時間はフリー「アメリ」を演じた。ダブルアクセルからの3連続ジャンプを決めるなど「ジャンプはだいぶ安定してきた」が、会場は標高約1300メートル。空気の薄さに体力はバテバテだ。

それでも「納得いき演技ができれば点数はついてくると思う。ちゃんとやれば自己ベストは出るんじゃないかな」。既に国内ではげんさんサマーカップ、海外でもアジアントロフィーに出場。ベスト更新も視野に、自信を持って臨む。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

フィギュアスケートカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
羽生V逸から闘争心「悔しさという大きな収穫手に」
大人の真凜が帰国 新SPは「涙が出てくる」
羽生まさか「ぐちゃぐちゃ」SEIMEI SP世界最高から一転2位
【岡崎真の目】羽生、失敗した後も丁寧な演技 五輪連覇へ“本気”感じる
  • このエントリーをはてなブックマークに追加