マー君、シャンパンファイトで歓喜 待機したブルペンは「ヤジがすごかった」

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2017/10/12

(ア・リーグ地区シリーズ5回戦 インディアンス2-5ヤンキース、11日、クリーブランド)田中将大投手(28)が所属するヤンキース(ワイルドカード)がインディアンス(中地区1位)との接戦を制し、2連敗から3連勝で5年ぶりにリーグ優勝決定シリーズに進出した。2連敗で迎えた第3戦で7回無失点と好投し、1-0の勝利につなげた田中はブルペンで待機し、試合終了の瞬間は右手を突き上げて歓喜に浸った。ヤンキースはリーグ優勝決定シリーズでアストロズと対戦する。

試合後にシャンパンファイトに酔いしれた田中は「最高です」と笑顔。仲間からシャンパンを頭からかけられ、「痛い。冷た〜い!」と大はしゃぎした。第3戦での好投には「たまたまその日に先発しただけなので。3連勝はみんなで力を合わせてじゃないと絶対に無理。初めて(ポストシーズンで)貢献できた」と胸を張った。

チームの「雰囲気はいいに決まっている」と自信を示したうえで、アストロズとのリーグ優勝決定シリーズへ向け、「やるしかないので。細かいことどうこうより、時間は限られているかもしれないけど、その中で準備して試合に臨むだけ」と気を引き締めた。

この日は中継ぎとしてブルペン待機したが、「テレビもないので、ファンと同じ目線でしか見られない。敵地ということでヤジがすごかった」と苦笑い。今後の戦いへ「いままでのことは関係ない。しっかりと自分の投球をするだけ」と気持ちを新たにしていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

MLBカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【MLB】カブス2連敗も、強肩捕手が見せ場 「ビューティフルスロー」で二盗阻止
マエケン準備中に「ヒゲ」ターナーがサヨナラ3ラン
マー君調整「前倒し」なし 第5戦登板予定変わらず
ダルビッシュで3連勝&WS進出王手へ ド軍監督「信頼は大幅に増している」
ドジャース ターナー劇弾で2連勝!マエケン登板せず、第3戦はダル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加