ウォリアーズは5連勝 カリーを欠きながらもデュラントがトリプルダブル

ウォリアーズは5連勝 カリーを欠きながらもデュラントがトリプルダブル

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/12/07

NBAのウォリアーズは6日、敵地シャーロット(北カロライナ州)でホーネッツを101―87(前半53―38)で下して20勝6敗。ケビン・デュラント(29)が36分の出場で35得点、11リバウンド、10アシストのトリプルダブルを達成し、チームの5連勝に貢献した。

No image

トリプルダブルを達成したウォリアーズのデュラント(AP)

ウォリアーズではステフィン・カリー(29)が右足首の捻挫で少なくとも2週間、戦列を離れ、ドレイモンド・グリーン(27)は肩、パトリック・マコー(22)は鼻骨を痛めてこの日は欠場。しかしデュラントは第1Qの途中から2メートル6の大型ポイントガードとして活躍し、序盤からチームに勢いをもたらした。

昨季マイナーのDリーグ(現Gリーグ)でMVPとなったガードのクイン・クック(24)がNBA通算18戦目でカリーの代役として初先発。デューク大出身のドラフト外入団で、今季は開幕前にホークスを解雇されているが、22分の出場で8得点と3アシストを稼いでまずまずの働きを見せた。

デュラントのトリプルダブルはウォリアーズ移籍後は2回目で、30得点以上での達成はサンダー時代を含めて通算3回目。クレイ・トンプソン(27)も4本の3点シュートなどで22得点を稼いでカリーの穴を埋めた。

ホーネッツはこのカードで7連敗を喫して9勝14敗。スティーブ・クリフォード監督(56)が病気を理由にこの日から戦列を離れ、スティーブン・サイラス・アシスタントコーチが指揮を執ったが、序盤から点差はじりじりと開いていった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
【裏メニュー】サイゼリヤの「ディアボラ焼肉丼」がサイゼ史上最強レベルのウマさ! しかもたったの469円
ショック!あの元アイドルが「大人の男性向け派遣サービス店」で窃盗していた
「最近ブスが多い」 マツコが考える「ブスの増えた理由」に賛同の声
大門、余命3か月「ドクターX」細い体は伏線だった!
この絵をパッと見て、最初に何が見えた?心の奥底を探る心理テスト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加