痴漢のえん罪に備える!〝弁護士ヘルプコール付き〟保険は何をしてくれるの?

痴漢のえん罪に備える!〝弁護士ヘルプコール付き〟保険は何をしてくれるの?

  • @DIME
  • 更新日:2017/09/15

被害者を心身ともに追いつめる痴漢(ちかん)はもちろん、断じて許されるべきことではない。しかし近年、痴漢に疑われたことから仕事や生活のすべてを失うという「痴漢冤罪(えんざい)」のリスクについても取り沙汰される機会が増えた。守るべき家族の人生を背負い、満員電車に揺られながら通勤を続ける会社員にとってはけっして他人事ではないリスクである。

No image

痴漢冤罪の被害を懸念する声が高まる中、ある保険商品が注目を浴びている。ジャパン少額短期保険株式会社による「痴漢冤罪ヘルプコール付き弁護士費用保険」である。商品開発の背景や現状はどうなっているのか。同社の代表取締役社長・杉本尚士さんにお話を伺った。

◎通勤時のもしもに備えて「弁護士が助けてくれたら」とひらめいた

2015年9月に販売開始した「痴漢冤罪ヘルプコール付き弁護士費用保険」。同社はこれまで賃貸住宅入居者向けの「新すまいRoom保険」や旅行先での悪天候を補償する「お天気保険」などを提供してきた。

そのうちのひとつとして、痴漢冤罪に目を向けたのは「ニーズがあるが、世の中には存在しない保険商品」を考える中で、「自分も満員電車で通勤しているので『痴漢冤罪事件』に巻き込まれたときに弁護士が助けてくれる保険があったらいいな」とひらめいたからだと杉本氏は話す。

また、正式な商品開発の前、2015年3月に杉本さんが会長を務める日本少額短期保険株式会社主催の「第1回おもしろミニ保険大賞」では、痴漢冤罪を取り扱った映画のタイトルをモチーフにした商品の草案「それでもぼくはやってない」が佳作を受賞。当時の資料をみると「『自分もいつ加害者? 被害者になるか』と思うと自分も入りたい」とメッセージが添えられているが、これにより手応えを感じ取ったという。

◎加入動機の1位は「人生・仕事・家族へ大きな影響が出る」という理由から

2017年8月現在、「痴漢冤罪ヘルプコール付き弁護士費用保険」の有効契約数は約5500件だという。加入者382名に対する「加入動機」についてのアンケートも行われたが、その結果もなかなか興味深い。

No image

1位に選ばれたのは「痴漢冤罪事件に巻き込まれると、人生・仕事・家族へ大きな影響がでるため」という理由で回答者全体の75%。やはり、報道が増えてだいぶ認知された印象もあるが、たとえ自分では心から「やっていない」と訴えても、逮捕から勾留されたのち、裁判所で有罪とされてしまうケースもあり、生活のすべてを失いかねないという懸念が広まっていることもうかがえる。

では、その懸念に応える「痴漢冤罪ヘルプコール付き弁護士費用保険」とはどういった商品なのか。月額590円と他のあらゆる保険商品と比べると割安な印象も受けるが、詳細を杉本氏は解説する。

「インターネットからの加入のみで、支払いはクレジットカードやコンビニ払いとなります。加入手続きを済ませると、お客さまの端末へ専用URLが記載されたメールが送られます。万が一の場合には、サイト上のボタンをクリックすることで、いっせいに弁護士の携帯電話へメールが送信され、対応可能な弁護士から返信が届きます」(杉本氏)

メールには弁護士の電話番号が記載されているため、現場で加入者から弁護士へ電話をすることが可能。また、対応できる弁護士が付近にいる場合は、現場へ急行してくれる。

◎朝の通勤ラッシュ時、実際にヘルプコールが使われた事例も

事件発生後48時間に発生した弁護士の相談料や、交通費を含む弁護士との接見費用が補償されるのも「痴漢冤罪ヘルプコール付き弁護士費用保険」ならではのサービス。なかでもやはり、万が一の場合に“ヘルプコール”が付いているというのは特徴的だが、過去には実際に使われた事例もあるという。

「1年半ほど前ですが、朝の7時半ごろに埼玉県にあるJR某駅からヘルプコールがありました。その際は、すぐに弁護士2名から加入者へのメールが返信され、アドバイスを受けたのち身柄が解放された事例もあります」(杉本氏)

No image

現在は個人が加入する方式のみであるが、今後は「社員の通勤リスク対策のために法人からの問い合せもあるため対応していきたいです」と杉本氏は話す。

保険というのはまさに備えあれば憂いなしで、いざというときのために加入するためのもの。冒頭でも述べたが、痴漢はけっして許されるべきことではない。しかし、多くの人たちにとって電車が日常的な足となっている以上、痴漢冤罪もいつ誰の身に降りかかるかも分からない。自分自身のため、家族のために検討してみるのも選択肢のひとつだ。

※事件についての最終的な判断は各司法機関などによります。本稿の内容は必ずしも法律的な解決を保証するものではありません。

取材・文=カネコシュウヘイ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【悲報】9月23日の人類滅亡がほぼ確定! 惑星の配置が黙示録の記述を完全再現していることが判明!
ひとりエッチ好き女子が「密かにエッチな気分になっちゃう」お店4つ
山下智久のウジウジ病もあっさり解決! 月9『コード・ブルー』最終回が伏線回収に必死!!
漫画喫茶でセックスした時に起きた珍事件6つ 使用済みゴムを...!
パソコンが重たくなる3大要因とその対処法
  • このエントリーをはてなブックマークに追加