フェデラー 決勝進出ならず

フェデラー 決勝進出ならず

  • tennis365
  • 更新日:2019/11/17
No image

ロジャー・フェデラー : 画像提供 ゲッティ イメージズ

男子テニスのNitto ATPファイナルズ(イギリス/ロンドン、室内ハード)は16日、シングルス準決勝が行われ、第3シードのR・フェデラー(スイス)は第6シードのS・チチパス(ギリシャ)に3-6, 4-6のストレートで敗れ、2015年以来4年ぶり11度目の決勝進出とはならなかった。

>>ティームvsズベレフ 1ポイント速報<<

>>ATP最終戦の組み合わせ表<<

この日、歴代最多6度の優勝を誇るフェデラーは6度のブレークチャンスを逃すと、チチパスに1度のブレークを許して第1セットを落とす。

第2セットは第3・第5ゲームでブレークされたフェデラーは、チチパスのサービング・フォー・ザ・マッチである第10ゲームで2本のブレークチャンスを握る。しかし、このチャンスをものにできず、最後はサービスエースを決められて準決勝で力尽きた。

一方、決勝へ進出したチチパスは、第5シードのD・ティーム(オーストリア)と第7シードのA・ズベレフ(ドイツ)の勝者と優勝を争う。

Nitto ATPファイナルズは8選手が2グループに分かれてリーグ戦を行い、各グループの上位2名が決勝トーナメントに進出。リーグ戦1位通過者は、もう一方のリーグ戦2位通過者と準決勝で対戦する。

【グループ・アンドレ・アガシ】
(1)R・ナダル(スペイン)2勝1敗
(4)D・メドヴェデフ(ロシア)0勝3敗
(6)S・チチパス 2勝1敗
(7)A・ズベレフ 2勝1敗

【グループ・ビヨン・ボルグ】
(2)N・ジョコビッチ(セルビア)1勝2敗
(3)R・フェデラー 2勝1敗
(5)D・ティーム 2勝1敗
(8)M・ベレッティーニ(イタリア)1勝2敗

「男子テニス国別対抗戦デビスカップ 決勝ラウンド」
母国の名誉と威信を懸けてしのぎを削る“テニスのワールドカップ”。新フォーマットで争われる世界最強国の称号を懸けた戦いを生中継でお届け!

【大会期間】
11月18日(月)〜25日(月)連日生中継

■詳細・配信スケジュールはこちら>

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

テニスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
2019年最もランキングの上がった選手・下がった選手
フェデラーvsチチパスが1位
SHIMADZU Breakersへ質問
西岡「今、日本で最強のチーム」。初開催の国別対抗戦「ATPカップ」へ意気込む
元世界6位が来季で引退へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加