大迫、途中出場も敵地で逆転負け「スタメンから出たかった」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/09/16

◇欧州リーグ1次リーグ第1節 H組 アーセナル3―1ケルン(2017年9月14日)

欧州リーグは14日に1次リーグが開幕した。H組でケルンのFW大迫勇也(27)は敵地で1―3と逆転負けしたアーセナル戦で後半31分から出場。J組のヘルタはホームでビルバオと0―0で引き分け、MF原口元気(26)は後半40分から出場した。I組でマルセイユはホームでコンヤスポル(トルコ)を1―0で下し、DF酒井宏樹(27)はフル出場。同組でFW南野拓実(22)がベンチ外のザルツブルク(オーストリア)は敵地でギマラインス(ポルトガル)と1―1で引き分けた。

チケットを持たないケルンサポーターが集結して混乱に陥り、試合は1時間遅れてキックオフ。日本代表FW大迫は後半31分からピッチに立った。終盤に前方に味方を走らせるパスを出したが、オフサイドの判定が下るなど、ゴールに絡めずじまい。「正直、スタメンから出たかった」と肩を落とした。チームは国内リーグでも開幕3連敗。17日に控える首位のドルトムントとの対戦へ「次が大事」と気持ちを切り替えた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
柴崎は「バルサのある選手に踏みつけられた」 ヘタフェ会長がピッチ状態への批判に反論
柴崎岳、芸術弾でメッシ超える高評価「テア・シュテーゲンの無失点記録を破る」
レスター岡崎が1ゴール1アシストの活躍 監督が絶賛「貢献度とインパクトを証明した」
香川真司をHSV戦先発起用か。無敗継続中ドルト、指揮官は中盤のローテーション示唆
オリンピックを目指す選手の運動神経はマジでヤバい! ってことが45秒でわかる動画がこちらです
  • このエントリーをはてなブックマークに追加