広島菊池の打球が金網にスポッ、緊迫一戦で珍プレー

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/09/16

<広島-ヤクルト>◇16日◇マツダスタジアム

広島が優勝へのマジック1とした緊迫の一戦で珍プレーが起きた。

3回1死一、二塁で打者菊池の打ったファウルボールがなんとバックネット中段の金網に突き刺さった。

球審が試合を止めてボールボーイに取り除くように指示。しかし手が届く高さになく、グラブを投げて当てようとするも落ちず。最後は複数のボールボーイが連続でボールを投げ、金網を揺らしたところ挟まったボールがポトリと落ちた。

思わぬ中断劇だったが、無事にボールが取り除かれると球場全体からボールボーイへ大きな拍手が起きた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
広島・江草 現役引退 未練は...「マツダのお立ち台に立ちたかった」
今秋ドラフト候補の奈良学園大・宮本&村上海に阪神と巨人から調査書
21日の予告先発 日ハム大谷vsソフトB武田、西武菊池vsロッテ佐々木
清宮、プロ志望届提出の意思固める 近日中に会見
昨季最下位→現在4位で...オリ福良監督 続投決定「来年はCS」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加