ドーピング問題のロシア参加は? IOC理事会始まる

ドーピング問題のロシア参加は? IOC理事会始まる

  • テレ朝news
  • 更新日:2017/12/06
No image

動画を見る(元記事へ)

ドーピング問題が発覚したロシアの平昌(ピョンチャン)オリンピック参加を認めるかを判断するIOC(国際オリンピック委員会)の理事会が始まりました。

5日、スイス・ローザンヌで始まった理事会では、WADA(世界反ドーピング機関)や各国の選手からの報告をもとにロシア代表チームの参加の是非を巡って協議が行われています。ロシア側からは世界選手権を2連覇したフィギュアスケート女子のエフゲニア・メドベデワ選手(18)も出席し、平昌オリンピックに出場できるよう訴える方針です。ロシアの参加を認めるかについての最終的な結論は、日本時間の6日未明にIOCが発表することになっています。国家ぐるみのドーピングが指摘されているロシアの代表チームを巡っては、去年のリオデジャネイロ・オリンピックでは全面出場禁止は免れたものの、100人を超す選手が出場を認められませんでした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
ショック!あの元アイドルが「大人の男性向け派遣サービス店」で窃盗していた
「深夜に晩ゴハン食べる生活」を5年間続けた結果がエグい! 標準体型の人でもこうしてデブになる
「最近ブスが多い」 マツコが考える「ブスの増えた理由」に賛同の声
「なぜ僕をいじめるの?」少年の涙の訴えに各界から激励が相次ぐ
【裏メニュー】サイゼリヤの「ディアボラ焼肉丼」がサイゼ史上最強レベルのウマさ! しかもたったの469円
  • このエントリーをはてなブックマークに追加