【鉄板&旬パーツ】M.2 SSDはSATAもある! WD最新の「WD Blue 3D NAND SATA SSD」を試す

【鉄板&旬パーツ】M.2 SSDはSATAもある! WD最新の「WD Blue 3D NAND SATA SSD」を試す

  • ASCII.jp
  • 更新日:2017/09/17

NVMe M.2の鉄板は速度も温度も文句なしの Samsung「960 EVO」

AMD、インテルの最新プラットフォームに対応したマザーボードは、標準で冷却機構を備えていたり、2基のM.2 SSDを搭載できたりと、M.2 SSDの使い勝手が向上。

M.2 SSDの代名詞と言える爆速なNVMeタイプも、250GBで1万3000円前後という手ごろな価格のIntel「600p」シリーズなど、選択肢が増加。導入の敷居が下がり、ショップの売れ行きは絶好調になっている。

No image

続々とラインアップが増えているNVMe M.2 SSD

そんなNVMe M.2 SSDの鉄板と言えるのが、Samsung「960 EVO」シリーズになる。価格は250GBで1万7000円前後、500GBで3万2000円前後と、決して安価ではないが、Samsung NVMe SSDの下位モデルながら、シーケンシャルリード3200MB/sec、同ライトが1TBモデル 1900MB/sec、500GBモデル 1800MB/sec、250GBモデル 1500MB/secという圧倒的なパフォーマンスを発揮。そのうえ、発熱も抑えられているとのことで、オススメとして多くのPCパーツショップスタッフから、その名が出てくる。

実際、PC自作の一式構成の相談や、組み立ての代行をしているTSUKUMO eX. 6階のスタッフたちにNVMe対応のオススメM.2 SSDを聞いた際は、ちょうど集っていた5人のスタッフが声をそろえて、Samsung「960 EVO」を挙げたほどだ。

No image

250GBモデルでも、シーケンシャルリード3200MB/sec、同ライト1500MB/secの高パフォーマンスを発揮する「960 EVO」

No image

「960 EVO」の500GBモデル「MZ-V6E500B/IT」のベンチ結果

M.2 SSDにはSATAタイプもある!

予算が許すなら、NVMeタイプの「SSD 960 EVO」でキマリだが、SATAタイプのM.2も意外と需要がある。発売当初のSATA M.2 SSDは、2.5インチSSDと同じパフォーマンスで、より高価と割が合わなかったが、最近は2.5インチとM.2モデルの価格差は縮まってきている。

秋葉原のパーツショップ店頭には毎週末、2.5インチSSDの特価品が並ぶため、コストパフォーマンス面は、相変わらず2.5インチモデルが優秀だが、ケーブルレスで使える点や、NVMeタイプでは廃熱が厳しい基板裏面にM.2スロットを備えるMini-ITXマザーボードに安心して搭載できる点などから、SATA M.2 SSDを選ぶ人が増えているという。

No image
No image

Crucial「MX300」など、同じシリーズの2.5インチとM.2モデルは、ほぼ同価格(9月5日調べ)になっている

64層TLC 3D NAND採用の最新モデル

今回は、そんなSATA M.2 SSDの最新モデルで、東芝メモリーとSanDisk製の64層TLC 3D NANDを採用したWestern Digital「WD Blue 3D NAND SATA SSD」に注目。久々に、SATA SSDのパフォーマンスをチェックしてみることにした。

「WD Blue 3D NAND SATA SSD」シリーズは2.5インチとM.2タイプがあり、ともに64層3D NANDを採用している。容量は250GB、500GB、1TB、2TBの4種類を用意。公称パフォーマンスは最大シーケンシャルリード560MB/sec、同ライト530MB/sec。最大ランダムリード9万5000 IOPS、同ライト8万4000 IOPSとなっている。

No image

COMPUTEX TAIPEI 2017にあわせて発表されたWestern Digital「WD Blue 3D NAND SATA SSD」シリーズ

No image

「WD Blue 3D NAND SATA SSD」に加えて、SanDiskブランドの「SanDisk Ultra 3D SSD」シリーズも登場予定だ

No image

Western Digital「WD Blue 3D NAND SATA SSD」のM.2 2280 1TBモデル「WDS100T2B0B」でテストを実施

No image

コントローラーは非公開だが、ラベルを剥がすとMarvell「88SS1074」だった。なお、コントローラーには、Western Digitalのチューニングが施されているとのこと

No image

SanDiskの刻印が入った64層3D NANDフラッシュ

No image
No image

「CrystalDiskInfo」(左)と「WD SSD Dashboard」(右)。アイドル時の温度は36度前後になっていた

公称とおりのパフォーマンスを発揮

ここからは、LGA1151 CPUのCore i7-7700KやASRock「Z270 Extreme4」で組んだテスト環境に、「WD Blue 3D NAND SATA SSD」のM.2 2280タイプ 1TBモデル「WDS100T2B0B」を接続。パフォーマンスチェックを進めていこう。

「CrystalDiskMark 5.2.2」のデータサイズ50MiBから32GiBまで、9つのプリセットを実行すると、シーケンシャル、ランダムともに、公称値通りのパフォーマンスを発揮。データサイズ4GiBから、ランダム「4K Q32T1」が若干ダウンする傾向を見せたが、そのほかは安定した数値を出した。

昨年試した「WD Blue SSD」シリーズの2.5インチ 1TBモデル(レビューはこちら)で発生していた、データサイズ16GiBからのシーケンシャルライトのパフォーマンスダウンが見られない点もポイントだろう。

ただ、現状、秋葉原のショップでは「WD Blue SSD」シリーズの500GBや1TBモデルは、「WD Blue 3D NAND SATA SSD」の同容量モデルよりも、数千円安くなっているので悩みどころだ。

若干気になったのは、各種ベンチマークを実行した際の温度で、軽いテストでも50度台に達し、「CrystalDiskMark 5.2.2」のテストデータ32GiBを連続実行すると温度は63度までアップしてしまった。2.5インチSSDのように、金属外装でコントローラーを冷却できないため、やむを得ないが、環境によっては動作温度に気を配ったほうが良いだろう。

No image

50MiB

No image

100MiB

No image

500MiB

No image

1GiB

No image

2GiB

No image

4GiB

No image

8GiB

No image

16GiB

No image

32GiB

No image

テストデータ100MiBを実行しただけで、S.M.A.R.T.読み温度は54度に

No image

「CrystalDiskMark 5.2.2」のテストデータ32GiBを2回連続して実行すると温度は63度まで上昇した

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
3Dプリンターによるフィギュア造形はどこまで来たのか?ワンフェスで実感するデジタル造形と3Dプリント技術の進歩
Amazonが『Amazon Fire HD10』タブレットを発表 32GBモデルがプライム会員なら1万4980円
速報:アマゾン、激安中性能タブレット新Fire HD 10発表。1万4980円でフルHD・ステレオ音響
ZOOM、ゼンハイザーのVRパートナーシップへの参加を表明
30cm離れても充電できる無線充電「Pi」発表。充電パッド不要、複数台同時も対応でQi互換
  • このエントリーをはてなブックマークに追加