SELTECH、米SequiturとIoT向けセキュアプラットフォーム構築で提携

SELTECH、米SequiturとIoT向けセキュアプラットフォーム構築で提携

  • マイナビニュース
  • 更新日:2016/11/30

SELTECHは11月28日(米国時間)、米Sequitur LabsとIoT機器向けセキュリティニーズに対応することを目的としたパートナーシップを締結したと発表した。

同パートナーシップにより、SequiturはCortex-A搭載IoTデバイス向けに提供している、Global Platformが標準化したTEE(Trusted Execution Environment)のプラットフォーム「CoreTEE」に、SELTECHの組込機器/IoTデバイス向けハイパーバイザー「FOXvisor」を統合することが可能となる。

CoreTEEでは、National SemiconductorのQorIQやi.MX6/i.MX7などをはじめとするARM Cortex-AプラットフォームでTrustZoneをサポート済みで、今回の取り組みでも、i.MX6(自動車エンターテイメント向けクアッドコアSABREプラットフォーム含む)や他のi.MXプラットフォームがサポートされることになるという。

なお両社は、これらの製品ソリューションの市場開発事業とカスタムソリューション開発分野でも協業する予定としているほか、Sequiturは、日本のIoTセキュリティ標準化団体の活動にも参加する予定だとしている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
100万台以上のAndroid端末に感染したマルウェア「Goolgian」の被害が拡大中、対象アプリ一覧はコレ
自転車を漕ぐと充電できるモバイルバッテリーが登場 昭和の漫画でよく見たやつだ
これはきっと日本だからできた「ウスカル」ノート、新dynabook Vは東芝の技術がてんこ盛りだ!!
新型MacBook Proの“下に敷いて使う”ポート拡張ツール「Line Dock」
近日中に国内発売決定か?!ホンダがアメリカで新型『Rebel 500』『Rebel 300』を発表

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加