最新ランキングをチェックしよう
[MOM2311]東海大熊本星翔DF國岡秀隆(2年)_夏の悔しさを糧に磨いた“新しい武器”で2点演出

[MOM2311]東海大熊本星翔DF國岡秀隆(2年)_夏の悔しさを糧に磨いた“新しい武器”で2点演出

  • ゲキサカ
  • 更新日:2017/11/12

[高校サッカー・マン・オブ・ザ・マッチ]
[11.12 選手権熊本県予選準決勝 東海大熊本星翔高 4-2 秀岳館高 熊本県陸]

 積極的な攻撃参加と、左足のクロスで勝負した2年生SBが逆転勝利を演出した。第96回全国高校サッカー選手権熊本県予選は12日に準決勝2試合を行い、第1試合は東海大熊本星翔高が4-2の逆転で秀岳館高を下して決勝進出を決めた。

 東海大星翔は先に2点を失ったが、徹底的にサ

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
前半3分でレッドカードのコロンビア代表MFサンチェス、W杯史上2番目のスピード退場
共働き夫婦だからこそ、夫が絶対に言ってはいけない「地雷」の一言
大阪地震でJR神戸線の車掌「再開はお昼過ぎまでないと思います」アナウンスに称賛集まる! 「すごい判断」「ハッキリ言ってくれて助かる」
「運だけではない」日本代表・W杯金星の舞台裏、指揮官の駆け引き
リンちゃん事件初公判、被告がまさかの両親批判
  • このエントリーをはてなブックマークに追加