最新ランキングをチェックしよう
身長167cmの日本文理GK小菅が帝京長岡の前に立ちはだかる!殊勲のPKストップ含め、好セーブ連発

身長167cmの日本文理GK小菅が帝京長岡の前に立ちはだかる!殊勲のPKストップ含め、好セーブ連発

  • ゲキサカ
  • 更新日:2019/06/02

[6.1 インターハイ新潟県予選準決勝 帝京長岡高 3-3(PK3-5)日本文理高 五十公野公園陸上競技場]

 身長167cmの小さな守護神が帝京長岡高の前に立ちはだかった。この日、日本文理高がV候補筆頭の帝京長岡に打たれたシュートは19本。GK小菅瑠樹(3年)はMF田中克幸(3年)に直接CKを決められるなど3点を奪われたが、枠を捉えたシュートはその2倍、3倍はあったはずだ。

 前半から好守を

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【J2】横浜FCが2試合連続のAT勝ち越し弾で暫定2位浮上!昇格争いは2位から9位までが勝点7差の混戦
元日本代表MF橋本英郎 FC今治で優勝、そして昇格へ...40歳の戦いは続く
[九州]鹿屋体育大が下位相手に痛恨ドロー...首位福岡大との差が広がる:第16節
藤田晋氏の「町田ゼルビア」改名は、何故ここまで大反発を買ったのか
2試合連続の衝撃...横浜FC草野侑己が劇的PK弾含む2発「ヒーローになるイメージ通り」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加