亮馬豪快ダッシュで開幕だ 九州王国再興へ

亮馬豪快ダッシュで開幕だ 九州王国再興へ

  • 西日本スポーツ
  • 更新日:2017/08/11
No image

落車後でも松岡貴久の表情は明るい

No image

坂本亮馬は、前節の岐阜F1で優勝した。決勝では2角から捲ってバックを奪い、最後は5車身差をつけての圧巻Vゴール。「それも、強い相手に勝てたのが良かった」と、自信を深めて今大会に臨む。直前も「ウエートなどでトレーニングした。状態は、いい意味で変わっていない」。レースの流れを的確に判断して自在に立ち回る脚質が持ち味だが、「最近は『自力、自在』ではなく『自力』とコメントするようにしています。積極的な気持ちで走れるように」。初日1Rから、ためらうことなく豪快なダッシュを見せつける。

坂本の同期、90期の松岡貴久は前節で落車。状態を心配しながら聞くと「落車前よりいい。前回から、今年一番練習した。暑い中でしっかりやって、手応えがある」と、黒くなった肌でキリッと答えた。「でもこの日焼けは、家族と海に行ったから」と落ちも忘れない。初日9Rで岡山勢を引っ張る。

3Rでは前々回優勝の小川勇介が小岩大介とタッグを組む。この2人も、デビューからちょうど12年の90期。脂の乗ってきた男たちが、東北の地から九州のファンを魅了する。

小川勇 落車で右肩を痛めて、ケアだけ。むしろ肩の力が抜けていいかも。

小岩大 前々回から新車だが、まだセッティングが煮詰まっていない。

柳詰正 (ビッグ初出場に)特に緊張はしていないが、やはり雰囲気が違いますね。亮馬さんとは初連係。楽しみです。

山田庸 腰痛と向き合ってやっていこうと思うようになり、気が楽になった。練習ではタイムが出たし、調子はいいと思う。

松川高 G1で走るのは楽しい。前回は勝ち上がれなかったが、調子自体はいい。初日はコマ切れ戦。得意なので楽しみ。

=2017/08/11付 西日本スポーツ=

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
爆笑問題と浅草キッドの確執...水道橋博士が激白! 発端は『たけしのANN』
マジでヤバイ!? 岡副麻希アナが不安視されるワケ
女心って複雑なんです...!「なぜかエッチOKしちゃった」体験談
元AKB48・篠田麻里子がローカル番組落ち......起死回生の“フルヌード”プランとは?
打ち切り決定の『しくじり先生』、お蔵入りになった真の“しくじりタレント”がいた!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加