カストロ前議長死去 600回命を狙われた英雄

カストロ前議長死去 600回命を狙われた英雄

  • dot.
  • 更新日:2016/11/30
No image

2006年のフィデル・カストロ氏(中央)。キューバ国内の演説会で元気な姿を見せた (c)朝日新聞社

キューバ革命の英雄、フィデル・カストロ前国家評議会議長が11月26日(日本時間)に死去した。米国から600回以上にわたって暗殺を企てられても屈せず、「反米」を貫いた。90歳だった。死因は明らかにされていないが、近年は大腸を患っていたとされる。

弁護士だったカストロは1959年、アルゼンチン人の医師チェ・ゲバラと組んで革命に成功。親米のバチスタ政権を倒した。以来、弟のラウルとともにキューバを率いてきた。

元駐キューバ大使で、11月に著書『カストロ兄弟 東西冷戦を生き抜いた強烈な民族主義者』(美術の杜出版)を出したばかりの宮本信生氏はこう語る。

「毅然とした態度の兄フィデル、非常にソフトな弟ラウル。このコンビだからこそ数々の危機を乗り越え、うまくいったのです」

カストロは革命後、米企業が持つ土地や建物を没収。農地改革に取り組み、マルクス・レーニン主義路線を宣言した。

「カストロは共産主義の前に人道主義者。権力の中枢にいても、実に質素な生活を好んだ。食べる肉は鶏や豚。高級酒でなく、キューバ産のラム酒を飲んだ。大農園の息子だったが、周囲の貧しい子どもたちの生活を目の当たりにして育ったからです」(宮本氏)

食料は配給、医療・教育は無償……社会主義体制の下、貧富の差をなくすことに心を砕いた。米国の経済封鎖は重かった。一方で、旧ソ連や産油国ベネズエラからの援助があった。「反米」を旗印にした命をかけた政治運営だった。

62年に「キューバ・ミサイル危機」が起きる。キューバに旧ソ連のミサイル基地があるとの情報を得た米国が、キューバを海上封鎖して武力攻撃を検討。米ソ核戦争の脅威が現実化し、世界中を震撼させた。

米中央情報局(CIA)の文書の記録では、カストロ暗殺の企ては2006年までに実に638回にのぼる。その回数が世界一として、ギネス世界記録に認定された。狙撃、葉巻への毒混入、野球爆弾などの手法が企てられたが、いずれも失敗。密告者や反逆者が出ず、キューバでの求心力がいかに強かったかを示す。

前出の宮本氏もキューバ大使時代、カストロ兄弟の危機管理の徹底ぶりを目にしている。

「外国の要人の前に身をさらす際には防弾チョッキを着用し、着ぶくれしていました。米国のテロに狙われるかもしれないからです。しかも、兄弟が一緒に出ることはなかった」

カストロは08年、弟のラウルに正式に国家評議会議長の座を譲った。キューバはその後も持続可能な社会主義を目指しつつ、市場原理も導入。海外からの投資も増やした。昨夏、54年ぶりに米国との国交が回復。今年3月には、オバマが現職米大統領として88年ぶりにハバナを訪ね、ラウルとの歴史的会談が実現した。

次期米大統領がトランプとなり、米国との新しい関係性を築く重要な時期に、キューバは国民的英雄を失った。キューバ事情に詳しいジャーナリストの工藤律子氏は言う。

「大きな混乱は起きないのでは。政権はラウルに完全に移っているし、市民の間ではポスト・ラウルも話題にのぼるくらい。若い世代はすでにフィデル時代ではないキューバを生きようとしています」

外交について、前出の宮本氏はこんな見方をする。

「カストロ兄弟は、ゲリラ戦を生き延び、大国ソ連崩壊後も生き抜いた。何代にもわたる米大統領とやりあってきたんです。ラウルも芯が強くて海千山千ですから、トランプの登場くらいでは動じないでしょう」

※週刊朝日 2016年12月9日号

【おすすめ記事】フィデル・カストロ前国家評議会議長死去、各国指導者の反応

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

国外総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「人類はかつてないほど危険な時期を迎えている」とホーキング博士が警告
パキスタン航空機が墜落 乗客・乗員47人
中絶手術後に妻死亡 夫が記者会見
パキスタン北部で乗客乗員47人を乗せた旅客機が墜落
ヒジャブを着用せず写真をツイッターに投稿した女性に「死刑にしろ」の声(サウジアラビア)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加