湘南&福岡ともに3連勝 東京Vは7戦ぶり白星 岡山13戦不敗

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/08/11

明治安田生命J2リーグは11日、各地で第27節第1日の10試合が行われ、湘南は長崎との上位対決を2―0で制して3連勝。首位をキープした。湘南は島村が2得点を決めた。福岡も1―0で京都に勝ち、3連勝で湘南に勝ち点1差の2位をキープしている。

前節21位の讃岐は同22位の群馬に2―1で勝ち、2連勝でJ3自動降格圏を脱出。1―2で千葉に敗れて4連敗となった山口が代わって21位に転落している。讃岐との直接対決に敗れた群馬は11戦勝ちなしとなった。

東京Vは終了間際にドウグラスが決勝ゴールを決め、6月25日の町田戦以来7戦ぶり勝利。町田は3―1で大分を下し、大分は6戦ぶりの黒星を喫した。山形は2―1で金沢に勝利。岡山は岐阜と1―1で引き分け、13戦負けなしとなった。徳島は後半50分に追いつかれて横浜FCと2―2で引き分け。愛媛と水戸は0―0で引き分けている。

第27節の残り1試合、名古屋―松本戦(豊田ス)は12日に行われる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
川崎Fに圧倒された浦和。「想定内」の展開も3失点完敗...柏木陽介不在の影響は?
【意地の一撃】浦和のナンバー9、武藤雄樹が語る「綱渡り」のスリリング
【浦和】新体制初の先発抜擢、矢島慎也が「一人二役」で掴んだ収穫と課題
FC東京の中島がポルトガル1部移籍 結婚も発表
川崎、クラブ初のACL4強へ3発快勝 「AKN砲」の不敗神話も継続中
  • このエントリーをはてなブックマークに追加