急に足がつって痛い!こむら返りになりやすい人と予防策5つ

急に足がつって痛い!こむら返りになりやすい人と予防策5つ

  • ヘルスケア大学
  • 更新日:2017/09/15
No image

日常生活の中で突然起こるこむら返りは、足がつり、場合によっては激痛をともなうことも少なくありません。足がつる原因と、正しい予防法について詳しく解説します。

こむら返りとは

こむら返りとは、筋肉が急激に収縮してつった状態になり、激しい痛みをともなう症状のことをいいます。また、足首や太もも、土踏まず、指、首、肩など、さまざまな箇所でも起こりますが、もっとも多いのがふくらはぎです。そして、注意すべき点は、高齢化とともに起こりやすく、さらには、男性よりも女性のほうがなりやすいということです。

こむら返りが起こる原因について

こむら返りが起こる原因は、主にミネラル、水分、運動の不足が理由であると考えられます。これらの不足が筋肉を収縮させ、つった状態を引き起こします。

ミネラル不足

ミネラルには、主にカルシウムやマグネシウム、ナトリウム、カリウムがあり、人間の骨や身体の組織をつくり、体調を整えてくれる働きがあります。また、人間の体内では生成できないため、毎日の食事から摂取することが必要です。

さらに、ミネラルは筋肉の収縮運動を調整しています。ミネラルが不足すると、身体を動かすための伝達作業に支障をきたすため、結果として筋肉に異常が生じます。

まずはミネラルが持つ働きをよく理解しておくことも大切です。カルシウムは、筋肉に作用し、正常な神経伝達を行います。また、マグネシウムは、カルシウムの量を調節し、筋肉の痛みを和らげ、ナトリウムとカリウムは、互いにバランスをとりながら筋肉の動きに作用し、血圧を調整します。

水分不足

身体の水分が不足し、その状態が続くと脱水症状が起こります。さらに、体内のミネラルバランスが崩れ、筋肉や神経などの働きを調節する機能も乱れるため、筋肉に異常をきたします。

運動不足

運動不足になると、筋肉の働きが鈍くなり、筋肉そのものが硬くなります。その状態で、急激に筋肉収縮が発生すると、異常な反応をしめすため、こむら返りが起こります。

病気や薬から考えられるこむら返り

こむら返りが起こるもう1つの原因に、病気や薬があります。症状や薬剤の副作用などをよく理解することが大切です。

たとえば、神経や筋肉を傷める病気は、こむら返りが起きやすく、主に糖尿病、椎間板ヘルニア、脳梗塞、腎疾患などがあげられます。また、妊娠中の女性は胎児に栄養を供給するために、なりやすいとも考えられます。

薬剤では、降圧薬やフィブラート系の高脂血症治療薬の副作用で起こる場合もあり、アルコールを摂取し過ぎた際にも、電解質の異常によって起きることもあるようです。

こむら返りの予防法と対策

こむら返りにならないためにも、日頃から予防することが大切です。自分に合った対策を日常生活にとり入れるよう心がけましょう。

<予防方法>

バランスのとれた食事をする

水分補給に努める

身体を温める

ストレス発散をする

適度な運動をする

こむら返りが何度も起きたら

日常的に何度もこむら返りが起こる場合は、病気である可能性もあるため、1度病院を受診しましょう。薬を服用している方は、副作用の可能性もあるため、主治医に相談してみることも大切です。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
漫画喫茶でセックスした時に起きた珍事件6つ 使用済みゴムを...!
「これってネズミ講みたいなものですよね?」「...心が痛みます」苦悩する女性行員に思う
飲食店経営に手を出して地獄を見る人の「三つの共通点」
地球外の美しさ!フィリピンの新リゾートが完全に何処かの惑星っぽくてヤバいと話題に
「くまモンつけとけば売れる」という嫌な風潮に一言!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加