輪島ジム30年目初王者!勅使河原TKOで地域タイトル奪取

輪島ジム30年目初王者!勅使河原TKOで地域タイトル奪取

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/10/13

◇WBOアジア・パシフィック・バンタム級タイトルマッチ12回戦 ○同級5位・勅使河原弘晶 TKO10回2分52秒 王者ジェトロ・パブスタン●(2017年10月12日 後楽園ホール)

No image

2R、パンチを打つ勅使河原(左)

元世界スーパーウエルター級王者・輪島功一会長のジムから30年目で初の王者が誕生した。27歳の勅使河原が右の強打で10回TKO勝ちし、WBOの地域タイトルを獲得した。相手のバッティングに苦しみながらも、輪島会長から「6割の力でいいから手数を出せ」「動きながら休め」と指示を受けて戦い、最後は根性でレフェリーストップ。「会長譲りで、心は絶対に折れないんです」と笑った。

幼少期、義母から壮絶な虐待を受けて非行に走り、少年院に2度入った。しかし努力と根性で3度世界をつかんだ輪島会長の自伝に感銘し、更生して同会長のジムに入門。6年目で手にしたベルトを「世界一愛する輪島会長にプレゼントします」と喜び、「目標はあくまで世界。もう1本、会長にプレゼントしたい」と話した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

格闘技カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
TKOで世界を獲った村田諒太の涙の理由。その語り尽くせぬ激闘と苦悩の日々
自分を失う怖さと戦った4年間、村田が探した答えは
村田の勝利インタビュー中に豊田真由子氏落選確実を画面下で速報...ネット上驚きの声
拳四朗に苦杯のゲバラは不満「想像していない結果」
村田諒太の決定的瞬間CMで見逃した?フジに不満も
  • このエントリーをはてなブックマークに追加