iPhone SE 2に村田製作所の新型LCP製アンテナが搭載か

iPhone SE 2に村田製作所の新型LCP製アンテナが搭載か

  • iPhone Mania
  • 更新日:2019/10/23
No image

2020年の発売が見込まれているiPhone SE 2の内蔵アンテナは、新デザインの液晶ポリマー(Liquid Crystal Polymer/LCP)製になる、とApple関連情報の精度の高さで定評のあるアナリストのミンチー・クオ氏が発表しました。

高機能スマホに欠かせないLCPモジュール

多層プリント基盤開発のマルチによれば、液晶ポリマー(LCP)素材は誘電特性に優れた絶縁樹脂素材であり、高周波対応機器、高速伝送機器への配線基板材料として注目されているとのことです。

2020年上半期の発売が噂されているiPhone SE 2に、村田製作所の新型LCP製アンテナが搭載される、との予測をクオ氏が発表しました。接着剤を使用せずに熱圧着で完成させる村田の多層樹脂基板メトロサークは、折り曲げることができるため、限られた場所に複雑な電子回路を敷き詰めることが可能となります。

iPhone SE 2の筐体は、iPhone8と似たものになると推測されており、A13チップ、64GB/128GBのストレージ容量を搭載し、販売価格は399ドル(約43,300円)からになるといわれています。

Source:AppleInsidervia株式会社マルチ,Business Journal,Bloomberg
(lexi)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
Wi-Fi接続環境があればPCなど介さずにWeb閲覧が可能!Webブラウザー搭載、キャノンのミニプロジェクター「C-13W」
大容量でコンパクトなモバイルバッテリーが「あの防寒グッズ」に変身! 年末旅行にも持っていきたいな〜|マイ定番スタイル
Windows 10、2019年秋の大型アップデート「November 2019」提供開始
人類4台目の重力波望遠鏡、日本が誇る「KAGRA」がついに完成 第2回 重力波を捉えるための、日本独自・世界最先端のテクノロジー
デリバリーロボが地図なしで配達先のドアを自力で見つける方法
  • このエントリーをはてなブックマークに追加