阪神D1・馬場、清宮と初対面「すごく遠くに飛ばす印象」

阪神D1・馬場、清宮と初対面「すごく遠くに飛ばす印象」

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2018/01/12

日本野球機構(NPB)は11日、東京都内で新人研修会を開き、日本ハムのドラフト1位・清宮幸太郎内野手(18)=早実高=ら新人選手が参加した。阪神のドラフト1位・馬場皐輔投手(22)=仙台大=は、ヤクルトや米大リーグで活躍した岩村明憲氏(38)の講演で「何苦楚(なにくそ)魂」を胸に刻んだ。

馬場は日本ハムのD1位・清宮と初対面。面識はなくこの日も話す機会はなかったが「体も大きいですし、すごく遠くに飛ばす印象です」と話した。昨秋のドラフト会議では馬場は、清宮とロッテのD1位・安田尚憲内野手(履正社高)の“外れ外れ1位指名”だった。年下で他リーグながら少なからず因縁のある同期の強打者たちだ。互いにプロとしての階段を上がり、名勝負を繰り広げることが期待される。

No image

講義を受ける阪神・馬場=東京都文京区・東京ドームホテル(撮影・大橋純人)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
片平晋作さん死去 西武連続日本一に貢献、一本足打法で活躍
4番・筒香で金だ!侍ジャパン、2年後東京五輪へ本格始動
DeNA・宮崎の活躍は“香り”のお陰!?「パフォーマンスを持っていくうえで匂いは大切」
新旧怪物対決!日本ハム清宮が松坂との対戦心待ち
飯塚高史vs葛西純 串刺し、のこぎり...壮絶流血戦
  • このエントリーをはてなブックマークに追加