池田勇太が単独首位、国内初戦の石川遼は予選落ち

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/10/13

<男子ゴルフ:日本オープン>◇第2日◇13日◇岐阜関CC東C(7180ヤード、パー70)◇賞金総額2億円(優勝4000万円)

14年優勝の池田勇太(31)が6バーディー、2ボギーの66で回り、通算7アンダーで単独首位に浮上した。通算4アンダーで、3打差の2位に浅地洋佑、竹谷佳孝、藤本佳則、朴相賢。

首位から出た小平智は3つスコアを落とし、通算3アンダーで6位後退。

片山晋呉は通算イーブンパーの27位。宮里優作は通算1オーバーの38位。今平周吾は通算2オーバーの46位で予選を突破した。

今季の国内初戦となった石川遼は通算9オーバーの97位で予選落ちした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

ゴルフカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【ボート】快挙!美女レーサー前原哉が男子撃破でデビュー初優出初V
  • このエントリーをはてなブックマークに追加