「遺族の方の思いを...」御巣鷹の尾根に学ぶ学生たち

「遺族の方の思いを...」御巣鷹の尾根に学ぶ学生たち

  • テレ朝news
  • 更新日:2017/08/12
No image

動画を見る(元記事へ)

520人の方が犠牲となった日航ジャンボ機墜落事故から12日で32年です。群馬県上野村から報告です。

(社会部・門秀一記者報告)
上野村の「慰霊の園」にある慰霊碑を正面に見て真っ直ぐ10キロ先に、墜落現場があります。午後6時から慰霊式典が行われ、この場所は深い祈りに包まれます。12日は朝早くから359人の遺族が墜落現場の御巣鷹の尾根を登り、それぞれの家族の墓標の前で手を合わせていました。慰霊碑の前ではオカリナの演奏に合わせて子どもたちがシャボン玉を飛ばしました。事故から32年が経ち、遺族の高齢化はさらに進んでいます。12日の式典には航空業界を目指す学生たちもボランティアとして参加しました。事故を知らない世代として、遺族と追悼の時を過ごした学生達の姿を取材しました。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
職務質問中に車で逃走、一緒にいた知人男性はねられ死亡
砂浜に埋められた“炭”で小2男子が両足をやけど 「二度と同じ事故が起きて欲しくない」と家族・旅館が注意喚起
ついに東大で起こった非常勤職員の「雇い止め争議」その内幕
浴衣ずぶ濡れ...土砂降りで花火大会中止 世田谷区
  • このエントリーをはてなブックマークに追加