最新ランキングをチェックしよう

【電通過労自殺】深夜にツイッター投稿、SNSはどこまで証拠として認められる?

  • 弁護士ドットコム
  • 更新日:2016/10/27

電通に勤務していた女性新入社員の高橋まつりさん(当時24)の過労自殺を契機に、長時間労働対策の様々な議論が起きている。その1つが、労働時間の記録についての問題だ。労災認定された高橋さんは、ツイッターで自身の労働環境について記録を残していた(現在は鍵がかかっていて閲覧できない)。
高橋さんは、2015年11月5日に「ツイッター、退職時に訴訟するための証拠として使ってるまである。」と打ち明けていた。実

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
意味がわかると怖い話4選。あなたはすべての謎を解明できるか!?
夫の浮気相手の女性へ妻の復讐が恐ろしすぎる(ベトナム)
レスなんてどこ吹く風!円満夫婦たちの「ラブラブなHルール」3つ
特攻兵器「桜花」は、日本軍の「忖度」が生んだ哀しい失敗作だった
【悲報】報道が違う?教師が「窓から飛び降りろ」の報道が歪曲されているとFacebookで話題に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加