佐川国税庁長官の人事 安倍首相は「適材適所」主張

  • J-CASTニュース
  • 更新日:2017/12/05

安倍晋三首相は2017年12月4日の参院本会議で、佐川宣寿前理財局長が国税庁長官に任命されたことについて、「適材適所の人事配置」であり、「行政が歪んでいるという指摘はあたらない」と述べた。民進党の難波奨二参院議員が「任命は不適切」と指摘したことに答弁した。

佐川氏は7月5日付で国税庁長官に任命されている。学校法人森友学園(大阪市)を巡る問題について、記録の提出や国会答弁での事実確認などを拒み続けた経緯がある。

森友学園を巡っては、11月22日の会計検査院の報告で8億円の値引きについて「根拠が不十分」だと指摘され「適正な処理」としてきた従来の政府の説明と異なっているとして、野党から批判が上がっている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

政治カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
小泉進次郎がどんどん過激になってきた「ある事情」
鈴木哲夫の政界インサイド「希望の党政調会長が私に明かした『本音』」
自民・石破茂元幹事長、今年の漢字は「漠」 何となく漠然たる...
天皇陛下退位で「国民生活はこうなる!」
在日米軍経費、3年連続で過去最高を更新=中国メディアは「ATM?」とやゆ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加