サラーがCL決勝で涙の負傷交代...カルバハルも負傷でピッチを後に

サラーがCL決勝で涙の負傷交代...カルバハルも負傷でピッチを後に

  • サッカーキング
  • 更新日:2018/05/27
No image

無念の負傷交代となったサラー [写真]=UEFA via Getty Images)

チャンピオンズリーグ(CL)決勝が26日に行われ、レアル・マドリードとリヴァプールが対戦。前半の内に、両チームそれぞれ1名が負傷により涙ながらにピッチを後にした。

リヴァプールはエースを欠く事態となった。エジプト代表FWモハメド・サラーは26分、レアルのスペイン代表DFセルヒオ・ラモスとの競り合いで、腕を巻き込まれる形で倒れ込み、肩を負傷。一時はピッチに戻ったが、28分に再び倒れ込み、涙ながらに負傷交代を強いられた。

サラーは今シーズンのCLで得点ランク2位の10ゴールを記録。同首位の15得点を決めているレアルのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドとのエース対決にも注目が集まったが、無念の途中交代となった。

さらにレアルにもアクシデント。スペイン代表DFダニエル・カルバハルも37分に負傷交代となり、涙を流しながら自らの足でピッチを後にした。カルバハルは2015-16シーズンのCL決勝でも52分に負傷交代を余儀なくされていた。

なお、リヴァプールはサラーの代わりにイングランド代表MFアダム・ララーナを、レアルはスペイン代表DFナチョ・フェルナンデスを投入した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【W杯】試合後の「ゴミ拾いの輪」が各国サポーターに広がる、ネット上では称賛の声
川島の痛恨ミスによる失点に海外騒然 「W杯最低GK」「大災害」などSNSで批判殺到
10人ドイツが奇跡の逆転劇...全敗韓国にもGL突破の可能性残る
イングランド史上3人目の快挙!“ラッキー”ハットのケインが得点ランクトップに
長谷部が鼻血で一時プレーできず ニャンの“手癖”の悪さが露呈
  • このエントリーをはてなブックマークに追加