金正恩「シークレット靴」底上げ14センチ!トランプ見上げるの嫌だった

金正恩「シークレット靴」底上げ14センチ!トランプ見上げるの嫌だった

  • J-CASTニュース
  • 更新日:2018/06/13

トランプ大統領と金正恩委員長の初顔合わせは、それぞれが左右から近付いていく演出だったが、握手を交わした後、読唇術によると、トランプは「すばらしい。飲み物でも飲みましょう」と金正恩を誘ったという。

ビビットが注目したのは、2人が並んだときの映像だった。両首脳の身長はトランプが190センチ、金正恩が167センチとされているが、デジタルハリウッド大学の小倉以索准教授が映像を分析したところ、2人の身長差は9センチしかなかった。14センチの水増しがあった計算だ。

「ビビット」はわざわざスタジオに人の等身大パネルを用意し、金正恩のパネルの下に板をはめ込み、「14センチのシークレットブーツを履いていたのでは」と推測した。

実はトランプの190センチも水増し

身長を高く見せた意図を、毎日新聞の鈴木琢磨部長委員は「(金正恩がトランプを)見上げるような感じにしたくなかったのでしょう。シークレットブーツは疲れるので、金委員長は帰りには、いつもいぼいぼのマッサージを敷いて、足をもんでいるらしいですよ」と解説した。

靴専門店によると、シークレットブーツを履くと重心が前にくるため、太った人はバランスをとりやすい効果もあるという。

タレントのパトリック・ハーラン「トランプ大統領も身長を水増ししていると言われていますけどね」

堀尾正明キャスター「14センチといえば、ちょっとした竹馬ですね」

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

中国・韓国・アジアカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「南北統一」は日本にとって恐ろしいことだらけ
日本が総力を上げて全固体電池開発へ!中国ネット「テスラが震えてる」「中国は何を...」
日本人から見て、中国人の食べ方は汚い? じゃあ日本人は・・・きれいだった!=中国メディア
中国で見かける貧しい身なりの農民工、日本では見かけないのはなぜ?=中国メディア
韓国の女性団体が上半身を露わに男尊女卑に抗議、しかし思わぬ反応に絶望......。根深い男女差別
  • このエントリーをはてなブックマークに追加