最新ランキングをチェックしよう
単独or競合?各球団の「1巡目」からみるドラフト会議 【パ・リーグ編】

単独or競合?各球団の「1巡目」からみるドラフト会議 【パ・リーグ編】

  • ベースボールキング
  • 更新日:2016/10/19

6球団の1位指名が集中した早大・大石達也投手の交渉権を引き当て、喜ぶ西武・渡辺監督(右端) (C)KYODO NEWS IMAGES

◆ 競合でも特攻?それとも単独狙い?
 2016年のドラフト会議まであと2日――。今年は各カテゴリーに有望な選手が揃う“豊作イヤー”とも言われ、その注目度は高い。
 しかし、それ故に各球団は1巡目の指名に頭を悩ませることになるだろう。競合するリスクを回避して一本釣

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
失格処分が3月に解除、高木京介の巨人復帰は? プロ野球記録を継続中の投手が球界から消えるのか...
阪神・掛布2軍監督、ホームセンターのホースで虎の4番を目指せ!
ロッテ育成菅原は驚異の背筋力「柳田2世」呼び声も
Iロッドの「7」レンジャーズ永久欠番発表
青木、 野球教室で豪快柵越え 小学生に助言「体の近くで打て」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加