W杯32か国の「ユニホーム・サプライヤー」まとめ! 最多契約のブランドは?

W杯32か国の「ユニホーム・サプライヤー」まとめ! 最多契約のブランドは?

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2017/11/16
No image

(左から)ウルグアイはプーマ、ドイツはアディダス、ブラジルはナイキ、デンマークはヒュンメルのユニホームを着用している。(C)Getty Images

現地時間11月15日の大陸間プレーオフでペルーがニュージランドを下し、ロシア・ワールドカップ出場の全32か国がついに決定。そのユニホーム・サプライヤーをまとめると、以下の通りとなっている。

■アディダス(12か国)
ロシア
ドイツ
アルゼンチン
スペイン
ベルギー
コロンビア
スウェーデン
メキシコ
エジプト
イラン
モロッコ
日本

■ナイキ(10か国)
ブラジル
フランス
イングランド
ポルトガル
ポーランド
クロアチア
ナイジェリア
オーストラリア
韓国
サウジアラビア

■プーマ(2か国)
ウルグアイ
スイス

■アンブロ(2か国)
ペルー
セルビア

■ニューバランス(2か国)
コスタリカ
パナマ

■ヒュンメル(1か国)
デンマーク

■エレア(1か国)
アイスランド

■ウールシュポルト(1か国)
チュニジア

■ロマイ(1か国)
セネガル(ナイキに変更?)

ブランド別の1位は12か国のアディダス。ブラジル大会は9か国で、10か国だったナイキの後塵を拝す結果となったが、今大会は再びトップに躍り出た。

そのナイキは2位の10か国。スポンサードする国は数多いが、とりわけワールドカップ常連のオランダ、チリ、アメリカの予選敗退は予想外だったか……。

前回は8か国だったプーマも、今回は2か国に。同じくイタリア、カメルーン、コートジボワールもサポートしていたが、本大会行きを逃す残念な結果に終わった。

ただ、これらはあくまでも2017年11月現在のもの。前回大会ではボスニア・ヘルツェゴビナが、予選後にレゲアからアディダスに変更したように、ここから新たな動きがある可能性はある。実際、現在セネガルはUAEの新興メーカーであるロマイのユニホーム着用しているが、現地メディア『GALSENFOOT』によると2018年からナイキと新契約を結ぶかもしれないという。

【PHOTO】W杯出場国の最新ユニホームをCHECK! 新旧デザインを見比べると…

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
レアルがアルジャジーラに大苦戦 先制許し、あわや2失点目も...C・ロナウド&ベイル弾で逆転勝利
CWC準決勝、アルジャジーラがレアルに先制する波乱の幕開け! 前半1-0で折り返す
メッシ&C・ロナウドの両方とチームメイトである幸運をセメドが語る。「僕は恵まれている」
広島が川崎を一歩リード!? チャナティップを超える“タイの国民的英雄”を獲得か
Instagram、日本で最も人気だったハッシュタグは?<2017年ハイライト>

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加