マルチスピードドライブで急坂も楽勝!パナソニックのe-MTB『XM2』

マルチスピードドライブで急坂も楽勝!パナソニックのe-MTB『XM2』

  • @DIME
  • 更新日:2018/07/17

「マルチスピードドライブ」で急坂も楽勝のe-MTB

25年前、ブームに乗ってMTBを買ったテラダ。「太いタイヤは山でこそ威力を発揮。山に行かず、街乗りしてた自分は、結局タイヤが重くて乗らなくなりました。時代も変わり、よりパワフルになった〝e-MTB〟なら、そんな悔しさ味わうこともないでしょう」。『XM2』はフロントギアに内装2段変速のマルチスピードドライブユニットを搭載し、前モデルよりも1.41倍の出力トルクを実現。「太いタイヤだけど、編集部付近の富士見坂もスイスイ踏破! 今度は山に行きます」(編集・テラダ)

■前モデルより約1.4倍の出力トルク

No image

パナソニック『XM2』38万円

国内初のe-MTB『XM1』の後継車種。よりパワフルになったドライブ回りに加えて、36V-12hに容量アップしたバッテリーを搭載し、エコモードで最長107kmの走行距離を実現した。

メインコンポ……SHIMANO SLX  重量……24.0kg

〈 ココに注目!〉変速のトラブル解消

No image

フロントが内装変速なので、チェーントラブルが少なく、1回の変速時間も0.5秒とスムーズ。「ペダルを止めた状態でも変速ができます」

先進性 ★★★☆☆  お値打ち ★☆☆☆☆  走破性 ★★★★★

No image

ヤマハ『YPJ-XC』35万円

欧州で評価を得ているヤマハの上位ユニット「PW-X」を採用したe-MTB。ペダリングに対応するアシスト性能と、よりパワフルな走りが可能なモード設定で、路面を選ばず快走できる。

文/編集部

※記事内のデータ等については取材時のものです。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
PC版『モンハン:ワールド』に早くも有志Modが登場―動作の更なる最適化など
充電器にも寿命があるって知ってた?
「買ってはいけない」4Kテレビ・ワースト3。ドンキテレビはアリ?ナシ?
プロがチェック!買って損しないドンキ家電5選
おじさんが知らないSNS「TikTok」って何がすごいの?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加