ヤクルト、3年ぶりの最下位決定 秋吉の暴投で決勝点献上

ヤクルト、3年ぶりの最下位決定 秋吉の暴投で決勝点献上

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2017/09/15

(セ・リーグ、ヤクルト1-2中日=延長十回、22回戦、中日13勝9敗、14日、神宮)ヤクルトが2014年以来、3年ぶりの最下位が確定した。

先発のギルメットは8回90球を投げ、5安打1失点と好投。だが、打線はチャンスを作るも、五回のバレンティンの右前適時打による1点のみに終わった。

延長十回から3番手の秋吉が登板。一死二、三塁とされ、暴投で決勝点を献上し「もったいない。1点もやれない場面だった…。指に引っかかった」と唇をかんだ。

No image

延長10回から3番手で登板したヤクルト・秋吉=神宮球場(撮影・大橋純人)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
昨季はマツダでビールの売り子 STU48瀧野「本当に最高」
オリックス・新生いてまえ打線が発動!? 強力打線復活のカギを握るのはこの3人だ!
早実・清宮と一問一答(1)「高いレベルに身を置き目標をクリアしたい」
各球団発表、9月21日の引退は?
巨人が9月、6度目の完封負け 散発3安打に高橋監督「何を言われても仕方ない」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加