70歳の痩せこけたゾウ、祭りの出演取りやめ 抗議受け スリランカ

70歳の痩せこけたゾウ、祭りの出演取りやめ 抗議受け スリランカ

  • AFPBB News
  • 更新日:2019/08/15
No image

スリランカ・キャンディの仏歯寺で餌を食べる70歳のゾウ、ティキリ(2019年8月13日撮影)。

【AFP=時事】スリランカで毎年恒例の仏教の祭りで、70歳の痩せこけたゾウをパレードに出演させることについてソーシャルメディアで抗議の声が上がり、このゾウの出演が取りやめになった。

祭りを主催する仏歯寺の関係者は、年老いたゾウ、ティキリは数十頭のゾウが出演する14日の祭りのフィナーレには参加しない、と述べた。

動物愛護者らは、絶大な人気を誇るこの祭りでティキリに豪華な衣装を着せ数キロ行進させることに対し当局に猛抗議していた。アジアゾウの専門家はAFPの取材に対し、ティキリを祭りに出演させることは非人道的だとし、「明らかにこのゾウは深刻な栄養不足で、死期が近い」と話した。

スリランカで最も神聖な仏教寺とされる仏歯寺は、伝統的な太鼓と踊り、そして飼いならされたゾウ約100頭の出る祭りを毎年開催している。裕福なスリランカ人はゾウをペットとして飼うことが多いが、不適切な飼い方と虐待が幾度となく問題になっている。【翻訳編集】AFPBB News

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

国外総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
自殺した少年の遺体の側でAVを鑑賞した現役警察官 「あり得ない行動」と非難の嵐
オオトカゲが襲撃、飼い犬守ろうとした高齢カップルが大けが 豪
「宇宙戦争」が現実になる脅威、米仏が人工衛星の武装化へ
「娘は元彼の虐待に耐え兼ねて自殺した!」 女子大生の家族が提訴
薬物依存症の母親の授乳で乳児が死亡、保護観察処分となるも「故意では」と厳しい声
  • このエントリーをはてなブックマークに追加