飯田明弘元調教師が死去、メイショウマンボなど管理

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/09/17

調教師引退で記念撮影を行う飯田明弘調教師(2014年2月23日撮影)

JRA元調教師の飯田明弘さんが15日午前2時30分、病気のため亡くなっていたことが16日明らかになった。70歳だった。葬儀は家族葬として執り行われた。

69年に騎手デビューし、88年の引退までに重賞24勝を含む通算632勝を挙げた。89年に調教師として厩舎を開業すると、13年オークス、秋華賞、エリザベス女王杯のG1・3勝を挙げ、同年の最優秀3歳牝馬に輝いたメイショウマンボなどを管理。14年2月末、体調不良のため勇退した。調教師として重賞11勝を含む377勝(うち地方6勝)を挙げた。息子の祐史氏は現調教師。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
安室奈美恵、引退美談の裏に隠された“苦しい”事情とは? 精神的に追い込まれていた可能性も
TOKIO城島&山口が再び“幻の魚”捕獲 “釣り名人”嵐・大野もぼう然「これはすごすぎる...」
【あなたならどうする?】飛行機で知らない女性が「足が痛い。席を譲って」→ 断った結果...その理由がもっともだと話題に
菅田将暉の父、息子を利用したメディア露出に批判の声多く
終わりのサイン!? 「別れが近いカップル」のLINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加