最新ランキングをチェックしよう
ロシア海軍で異常事態発生の可能性

ロシア海軍で異常事態発生の可能性

  • アゴラ
  • 更新日:2020/04/02

防衛省統合幕僚監部の発表によると、3月26日午前11時頃、ロシア海軍太平洋艦隊の旗艦であるスラバ級ミサイル巡洋艦1隻を始めとする、駆逐艦3隻、フリゲート艦2隻、哨戒艦6隻、ミサイル観測支援艦1隻、補給艦2隻、航洋曳船1隻、工作艦1隻、病院船1隻の計18隻が、宗谷海峡を東航してオホーツク海へ進出した。これは、現在稼働中でウラジオストックに所在している太平洋艦隊の大半と言える規模である。
ロシア海軍の

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

中国・韓国・アジアカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
世界が韓国の「実力低下」を危惧...ウォン売りがいよいよ止まらない
不思議だ! 日本はなぜここまで新型コロナの感染拡大を制御できたのか=中国報道
支援団体に「利用された」 元慰安婦が再び批判会見―韓国
もう日本は眼中にない...対コロナ勝利で韓国の「先進国意識」が確立?
韓国で大騒動、元慰安婦団体をめぐる「疑惑の数々」が止まらないワケ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加