中国の川で激ヤバ「ヒト型UMA」が生きて発見される! 頭、腕、脚、眼球も確認...新種の“スポンジ生物”か!?

中国の川で激ヤバ「ヒト型UMA」が生きて発見される! 頭、腕、脚、眼球も確認...新種の“スポンジ生物”か!?

  • TOCANA
  • 更新日:2018/07/12
No image

画像は「Thinkstock」より引用

ネス湖のネッシーから、伝説の海獣シーサーペントまで、世界中の湖や海では毎年多くのUMA(未確認生物)が目撃されている。きっと水中世界には我々の知らない生物が潜んでいるに違いない。今回ご紹介するのも、中国の川に打ち上げられたとされる「ヒト型のUMA」である。

ヒト型のUMAを撮影した動画は、YouTubeチャンネル「The Hiddle Underbell 2.0」が、今月10日に公開している。まずはその奇妙すぎる姿をご覧になってもらおう。

動画は「YouTube」より引用

満面の笑みを浮かべた男性が、人間のような頭部、小さな腕、小さな脚がついた何とも形容しがたいクリーチャーを掴みあげている。後ろには茶色く濁った川が映っているが、この生物はここに生息していたのだろうか? ロケーションは不明だが、川の色から黄河の支流かもしれない。

さらに、ブランブランと脚を揺らしていることから、この生物が“生きている”ことが伺える。顔面のアップを注意深く見ると、顔の側面に眼球らしきものも確認できるではないか! 一体これは何なのだろうか? 動画のコメント欄を見てみると、「スポンジ」に見える人が多いようだ。確かに質感は古くなったスポンジのようだが……。すると、これはリアル・スポンジ・ボブということか……!?

No image

画像は「YouTube」より引用

No image

画像は「YouTube」より引用

No image

画像は「YouTube」より引用

一方、「The Hiddle Underbell 2.0」は、「新種の海中生物、もしくは変異したヒトデ」だと推測している。ヒトデのように見えないこともないが、こちらの意見も決定的ではない。

いずれにしろ、こんな生物は見たことがないということだけは確かだろう。首長竜系のUMAともクラーケンなどの軟体動物系のUMAとも全然似ていない。トカナ編集部もこれにはお手上げだ。「The Hiddle Underbell 2.0」が、知り合いの動物学者にコメントを求めているとのことなので、今は続報を待つしかない。フェイクではなく、新種のUMAであることを願おう。
(編集部)

参考:「YouTube

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

ネタカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
桃の皮が一瞬で魔法のように簡単に剥ける方法がスゴい!(お湯は使いません)【ライフハック】
【ビデオ】路上で他のドライバーに怒った男が、素手でSUVに殴りかかる!
【西日本豪雨】甚大な被害の国道31号がたった数日で復旧!発想が「天才的」と話題に!
入れるのに入れないと思い込んでいる犬たち
  • このエントリーをはてなブックマークに追加