新車登録台数、新型車好調の日産が3か月ぶりに2位浮上 11月ブランド別

新車登録台数、新型車好調の日産が3か月ぶりに2位浮上 11月ブランド別

  • レスポンス
  • 更新日:2016/12/01
No image

日本自動車販売協会連合会が発表した2016年11月のブランド別新車登録台数(軽を除く)によると、3万6105台(45.0%増)を販売した日産がホンダを抜き、3か月ぶりに2位へ浮上した。

日産は『セレナ』や『ノート』など、新型車の販売が好調だった。首位トヨタは同8.2%増の12万3828台、3位ホンダは同16.8%増の3万1685台だった。

そのほか乗用車ブランドは、レクサスを除き全ブランドがプラス。スバル、スズキは2ケタ増、ダイハツは新型『ブーン』の販売増により、前年同期比8倍の伸びを示した。

1位:トヨタ 12万3828台(8.2%増)
2位:日産 3万6105台(45.0%増)
3位:ホンダ 3万1685台(16.8%増)
4位:マツダ 1万3416台(3.2%増)
5位:スバル 1万1832台(24.9%増)
6位:スズキ 7422台(10.5%増)
7位:いすゞ 6902台(23.2%増)
8位:日野 5500台(4.7%増)
9位:レクサス 4435台(8.2%減)
10位:三菱ふそう 3426台(2.0%減)
11位:三菱自動車 2594台(6.4%増)
12位:ダイハツ 994台(701.6%増)
13位:UDトラックス 917台(2.6%増)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
東京メトロ、銀座一丁目駅に全国3例目のふるさと納税支援自動販売機を導入
ユニクロで名字変えバイトしていたジャーナリスト、潜入ルポ発表後にいつも通り出勤 解雇を言い渡される
ポケモンGOの「近くにいるポケモン」機能、テストを世界各地に拡大
人類はどのようにして人口72億人に増えていったのか?10万年前から現在までの人口増加がわかる世界地図シミュレーション映像
簡単に車中泊が楽しめるホンダ『フリード+』の遊び方
  • このエントリーをはてなブックマークに追加