北陸地方と中国地方に続き、九州北部地方で「春一番」発表

北陸地方と中国地方に続き、九州北部地方で「春一番」発表

  • ウェザーニュース
  • 更新日:2018/02/17
No image

2018/02/14 15:43 ウェザーニュース

今日14日(水)は低気圧が発達しながら日本海を進んでいます。
この影響で、日本列島では強い南よりの風が吹き、北陸地方と中国地方、さらに九州北部で「春一番」が発表されました。

◆各地の最大瞬間風速
新潟 15.2m/s
富山 10.3m/s
金沢 16.9m/s
福井 5.9m/s

広島 8.1m/s
岡山 9.3m/s
松江 13.5m/s
鳥取 14.4m/s

山口 12.7m/s
福岡 12.0m/s
佐賀 9.0m/s
長崎 13.4m/s
大分 6.2m/s
熊本 12.4m/s

春一番とは?

春一番は立春を過ぎて最初に吹く強い南風のことを指し、地域によって定義に違いがあるものの、平均風速7~8m/sが一つの目安になります。

春一番が吹いた日は、気温が上昇。翌日は西高東低の冬型の気圧配置となり、寒さが戻ることが多い傾向にあります。

(地名) (基準)
九州南部   8m/s ※宮崎地方気象台
九州北部   7m/s ※福岡管区気象台
四国  10m/s ※高松地方気象台
中国  10m/s ※松江地方気象台
近畿    8m/s ※大阪管区気象台
東海    8m/s ※静岡地方気象台
北陸  10m/s ※新潟地方気象台
関東    8m/s ※気象庁

※春一番は、立春から春分までの期間としているため、発生しない年もあります。

春一番は災害発生のリスクも

No image

「春一番」という言葉の響きから、ウキウキした春を連想するかもしれません。ただ、春の嵐は
・雪崩
・海難事故
・山火事
など…災害をもたらすこともあり、十分な警戒が必要です。

花粉の飛散にも注意

暖かい南からの風が強く吹くということは、花粉の飛散も増えることが予想されます。
まだ本格的には、飛び始めていませんが、花粉症の方はしっかり対策をした方が良さそうです。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
関東にまた雪が... 千種ゆり子の関東天気のタネ
19日3時31分頃 - 最大震度 4 - 震源地 豊後水道
奈良公園で「シカに噛まれた!」 中国人観光客からの訴えが多い理由
左手にスマホ右手に飲み物で左耳にイヤフォンのまま自転車に乗り77歳女性を死なせた女子大生に怒りの声
1998年と2015年の新旧トヨタ・カローラを衝突させると壊れ方がこんなに違う
  • このエントリーをはてなブックマークに追加