長岡工・中村将祐がノーヒッター 新潟大会

長岡工・中村将祐がノーヒッター 新潟大会

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/09/12
No image

新潟大会で3年ぶりの無安打無得点を達成した長岡工・中村将祐投手(3年)

<秋季高校野球新潟大会支部予選:長岡工4-0柏崎工>◇12日◇3回戦◇三条パール金属スタジアム

長岡工・中村将祐投手(2年)が無安打無得点を達成した。新潟大会では春、夏、秋を通じて14年の秋季大会支部予選1回戦の新井対長岡農(8-0で新井の勝利)で新井・丸山晃司投手(当時2年)が達成して以来、3年ぶりになる。

投球数は114球で、許した走者は2回裏の四球の1人だけ。内野ゴロ14、内野飛球2、外野飛球3、三振8個。直球とスライダーで緩急をつけながら打たせて取った。中村は「普通に投げた。ノーヒットよりも勝てたことがうれしい」と記録以上に県大会進出を喜んだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

高校野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
インハイ準優勝の日大藤沢、3連覇狙う桐光学園、夏の県王者・東海大相模などが神奈川の覇権争う
自らを鼓舞する「清宮語録」に見る、1年生からプロ決断までの2年半
「波乗りジャパン」好発進!出場全6選手が2回戦へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加