辺見マリ、右足首を骨折していた「69年の人生で初めて」大場久美子に支えられ登場

辺見マリ、右足首を骨折していた「69年の人生で初めて」大場久美子に支えられ登場

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2019/11/13
No image

骨折しながらも熱唱する辺見マリ=東京・中野

女優で歌手の辺見マリ(69)が、右足を骨折していたことが12日、分かった。この日、都内で行われた「日本歌手協会『第46回歌謡祭』」に出演。その際、ステージ上で「先日、右足を骨折しててしまい、まだ満足に歩けません」と明かした。

所属事務所によると、10月上旬に高松市内でのコンサートに出演後、滞在先のホテルの部屋で風呂・洗面所とベッドルームの間にある20センチほどの段差を下りる際、右足首をひねってしまったという。応急処置で冷やしたが、腫れがひどくなったため現地の病院に救急搬送された。検査の結果、右足首小指側の骨折が判明。そのままギプス生活となった。

その後は、車いすに乗った状態でステージに出演するなど仕事を続け、3日前にようやくギプスが外れたという。この日はまだ完全には治っておらず、またリハビリ中とあって司会・大場久美子に支えられて登場。骨折後初めて立った状態での歌唱で自身の代表曲「経験」を熱唱。「69年間の人生で初めて骨折しました。もう大変でした」などと語っていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
グラドル朝比奈祐未“トンデモないケツ”ドアップ写真を大公開!
【志村どうぶつ園のタブー告発】白井家が死んだ愛馬を庭でバラバラに違法解体「フルハートは2度死んだ」
本田翼、撮影の合間にドラクエウォーク写真を投稿で「インドアの神」の声
ロリ巨乳・ぷにたん“横乳全開”えちコスプレに海外からも「So big!」
41歳・椎名林檎の“お色気パフォーマンス”に悶絶「あの年でこのカワイさ...」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加