イチロー、43歳327日で中堅先発MLB最年長記録更新 今季5度目のマルチ安打

イチロー、43歳327日で中堅先発MLB最年長記録更新 今季5度目のマルチ安打

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/09/15
No image

試合前にマリナーズ時代の監督だったフィリーズのマクラーレン・ブルペンコーチと談笑するイチロー(撮影・小林信行)

「フィリーズ10-0マーリンズ」(14日、フィラデルフィア)

マーリンズのイチロー外野手(43)は「2番・中堅」で出場し、3打数2安打1四球だった。8月9日のナショナルズ戦以来となるマルチ安打で打率は・263(171打数45安打)。今季5度目の複数安打でメジャー通算安打数を3075本に伸ばした。チームは5連敗を喫した。

8日のブレーブス戦以来、5試合ぶりに先発出場したイチローは、初対戦の右腕トンプソンに対し、カウント1-2と追い込まれながら外角の140キロの変化球をきっちり捉え、レフト前へ運んだ。5戦6打席ぶり(2四球含む)の快音でメジャー通算3074安打とした。

先発ウォーリーの乱調で0-9と一方的な展開となった三回の打席は1死走者なしの場面で空振り三振。カウント1-2からの4球目、外角スライダーにバットは空を切った。五回の打席は1死一、二塁の好機で四球だった。

再び快音を響かせたのは七回だ。中継ぎ左腕のシーグリストと対戦し、1ストライクからの2球目、124キロのチェンジアップをきっちりとらえて右翼線二塁打。滑り込むことなく、楽々と二塁に達した。

この日の守備位置は8月9日のナショナルズ戦以来となる中堅。43歳327日で自身がもつ中堅スタメン出場のメジャー最年長記録を更新した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

MLBカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【斎藤隆MLBリポート】制度未成熟ゆえ 世紀の「10ツール大谷」争奪戦
制球のダル、4年ぶり3度目200K「レベルアップできた」
イチローのマーリンズ去就は「新体制」待ち
後半戦打率は.324、“V字回復”のイチロー来季残留の可能性を地元紙報じる
争奪戦必至!メジャー全30球団の大谷翔平獲得のアピールポイントとは?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加