【報ステ】自ら何度も救助要請するも...車内で死亡

【報ステ】自ら何度も救助要請するも...車内で死亡

  • テレ朝news
  • 更新日:2018/02/10
No image

動画を見る(元記事へ)

福井県の国道364号で7日午後6時半過ぎ、雪に埋もれた軽自動車の中から遺体で発見された男性(19)が、何度も救助を求めていたことがわかった。男性は午前0時40分ごろ、JAF=日本自動車連盟に救助を要請したが、返答があったのは4時間後。内容は「しばらくお待ちください」というものだった。午前9時ごろに再び、JAFに連絡したがつながらなかったという。男性はその後、警察にも連絡したが「地元業者に除雪を依頼している。待ってほしい」という返答だった。周辺では、少なくとも9台が立ち往生していて、地元の住民が救助していたが、雪で男性の車に気付くことができなかったという。一方、最大1500台が立ち往生していた国道8号は、9日にようやく解消した。長岡技術科学大学の上村靖司教授は、立ち往生を防ぐためには「思い切って早く(道路を)止めてしまったほうが、結果的に復旧が早まる」と話す。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
劇団四季シンバ役田中彰孝重傷、あご殴られ骨折
なぜPTAはすべての母にとって"苦痛"か
奈良公園で「シカに噛まれた!」 中国人観光客からの訴えが多い理由
左手にスマホ右手に飲み物で左耳にイヤフォンのまま自転車に乗り77歳女性を死なせた女子大生に怒りの声
  • このエントリーをはてなブックマークに追加