LGが同社初のディスプレイ搭載ハイブリット式スマートウォット「W7」を発表!

LGが同社初のディスプレイ搭載ハイブリット式スマートウォット「W7」を発表!

  • Techable(テッカブル) -海外・国内のネットベンチャー系ニュースサイト
  • 更新日:2018/10/20
No image

ディスプレイが搭載されたスマートウォッチのほかに「ハイブリット式スマートウォッチ」というデバイスが存在する。ディスプレイは搭載していないが、心拍センサーや通知機能など、スマートウォッチの機能を一部取り入れた時計のことだ。

最近LGが発表した同社初のハイブリットスマートウォッチ「W7」が、一風変わったハイブリットスマートウォッチということ話題を呼んでいる。

・ディスプレイの上に時計の針

No image

W7はアナログ時計の文字盤部分をそのままタッチ式ディスプレイに変えたようなハイブリット式だ。1.2インチのディスプレイの真上にアナログ時計の針が設置されているため、文字盤のデザインによっては一般的なスマートウォッチよりリアルな外観になるだろう。

ただし、針がディスプレイを覆い隠しているため、メッセージの通知を確認する際には邪魔になる。一応、サイドボタンを長押しすると時計の針が邪魔にならないようサッと水平方向へ並んでくれるが、個人的には少し疑問をもつギミックだと感じた。

・時刻は100日間確認可能

No image

プロセッサは旧モデルのQalcomm Snapdragon Wear 2100で、ストレージは4GB、メモリは768MBを搭載。ちなみに、心拍センサーやNFC、LTE通信機能は搭載されていない。

しかし、スマートウォッチとしての機能をONにしているとバッテリーは3〜4日もち、OFFにしていると100日ももつそうだ。値段は450ドル(約5万1160円)で、海外では10月14日から発売が開始されるとのこと。

値段や機能のことを考えると、W7はスマートウォッチを買うというよりはあくまでアナログ時計を買うつもりで購入したほうが幸せになれるだろう。ハイブリット式というのは、もしかしたらそういうものなのかもしれない。

執筆:Doga

Android Authority

LG

Digital Trends/YouTube

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「無限に都市が生成されるアルゴリズム」で生成された都市を自由に歩き回ってみた
auが3G終了を発表。iPhone 5sなどLTEスマホも一部使用不可に――22年3月末
ケータイ復活!? グーグルが出資のKaiOS搭載機が世界で増加
モンキー好きにはたまらない電動バイク? 『ORCA Mark I』は全長114cmの小さなボディだから、自動車にも積載OK
建築現場用が家庭で大ウケ! マキタの充電式クリーナが革命を起こした理由
  • このエントリーをはてなブックマークに追加