『メッセージ』『博士と彼女のセオリー』作曲家ヨハン・ヨハンソンさん急逝48歳

『メッセージ』『博士と彼女のセオリー』作曲家ヨハン・ヨハンソンさん急逝48歳

  • シネマトゥデイ
  • 更新日:2018/02/13
No image

ご冥福をお祈りいたします。 - Jeff Vespa / WireImage / Getty Images

映画『メッセージ』『ボーダーライン』などドゥニ・ヴィルヌーヴ監督との度重なるタッグで知られるアイスランド出身の作曲家ヨハン・ヨハンソンさんが9日(現地時間)、ドイツ・ベルリンのアパートで死亡しているところを発見された。48歳だった。Deadlineなどが報じている。

ヨハンソンさんの死についてマネージャーから発表があったものの、詳しい死因などは明らかになっていない。『悪童日記』『プリズナーズ』を手掛けたヨハンソンさんは、『博士と彼女のセオリー』(2015)で第72回ゴールデン・グローブ賞音楽賞を受賞、第87回アカデミー賞でも同部門にノミネートされ、一躍注目を浴びた。

以降も、『ボーダーライン』(2016)で第88回アカデミー賞作曲賞ノミネート、『メッセージ』(2017)で第74回ゴールデン・グローブ賞音楽賞ノミネートと、近年、ヴィルヌーブ監督作とのタッグ作で目覚ましい活躍を見せていた。

ヨハンソンさんは現在ポストプロダクション中の、『ドラゴン・タトゥーの女』などのルーニー・マーラ主演でマグダラのマリアを描く新作映画『メアリー・マグダレン(原題) / Mary Magdalene』の音楽も担当していた。(編集部・石神恵美子)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
キンプリ平野紫耀、主演映画のヒット誓う「“金メダル”取ります!」
大杉漣の背中を見続けた松重豊「初共演の経験が指針」30年経て「バイプレイヤーズ」は“寄港地”
松雪泰子、『リメンバー・ミー』の映像美絶賛「子供たちにも見てほしい」
北野武監督作品など幅広い活躍/大杉漣さん略歴
  • このエントリーをはてなブックマークに追加