宇野、圧倒的首位も「まだまだ」 自己ベストを0.01点更新

宇野、圧倒的首位も「まだまだ」 自己ベストを0.01点更新

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/09/16
No image

男子SPで首位に立った宇野昌磨(共同)

「フィギュアスケート・ロンバルディア杯」(14日、ベルガモ)

男子SPが行われ、昨季の世界選手権2位の宇野昌磨(19)=トヨタ自動車=が同選手権でマークした自己ベストを0・01点更新する104・87点で首位に立った。

ジェーソン・ブラウン(米国)が83・01点で2位。女子SPでは樋口新葉(16)=東京・日本橋女学館高=が74・26点の自己ベストで首位。浅田真央、宮原知子に次ぐ日本女子歴代3位の記録をマークした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

フィギュアスケートカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
オリンピックシーズン開幕!注目選手を総ざらい【シニア女子・前編】
本田真凜、シニアデビュー戦で示した“進化” 表現力で高評価並ぶ
坂本花織が帰国、涙の4位から「切り替えました」
樋口新葉3回転半へ変更の可能性「頑張ってみます」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加