1ドル=106円割れの可能性高まる

1ドル=106円割れの可能性高まる

  • FISCO
  • 更新日:2018/02/16
No image

株式会社フィスコ

14日の海外市場では強弱まちまちな内容の米経済指標を背景にドル・円は売り買いが交

錯。14日に発表された1月の米消費者物価指数は前月から0.5%上昇したほか、変動の大き

いエネルギーと食料品を除いたコア指数は0.3%上昇し、いずれも予想を上回る伸びとなっ

た。コア指数は前年比で1.8%上昇した。

一方で、1月の米小売売上高は前月比0.3%減と、予想に反して減少した。米長期金利の

小幅な上昇や米株式市場が堅調に推移したことから、ドルは一度反発したが、投資家のリ

スク回避姿勢が強まった場合は、円買いは継続し、ドルは106円を割り込む可能性もある。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
コインチェック、「お答えできない」のオンパレード...超高学歴集団の実像
大王製紙の没落...創業家がカジノ狂いで横領事件、抗争に明け暮れ業界再編に乗り遅れ
「月10万円生活」? 安いといわれる地方移住後の生活費、思わぬ出費に要注意
あきらめるのはまだ早い!「医療費控除」は10万円以下でもOK
ドコモのハピチャン、3月はマックのグランバーガーをプレゼント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加