「燃料電池船」実用化へ、試験を開始―東芝製の電池を搭載

「燃料電池船」実用化へ、試験を開始―東芝製の電池を搭載

  • インターネットコム
  • 更新日:2016/10/18
No image

すべての動画・画像がある記事はこちら

水素で走る「燃料電池車」に続き、水素で航行する「燃料電池船」の実用化にむけた研究が進んでいる。東京海洋大学と野村不動産グループのNREG東芝不動産が実船を使った試験を10月上旬に始めた。

東京海洋大は2010年から電池推進船「らいちょう」シリーズ3隻を建造しているが、今回そのうち「らいちょうN」に東芝製の水素燃料電池を追加搭載し、新たに航行の認可も受けた。

らいちょうNは長さ12.6m、総トン数9.1トンのアルミ製船体で、満載時最大速力は11ノット。合計7kWの燃料電池と、145kWhのリチウムイオン電池、90kWの推進用モーターを搭載する。

試験の成果は国土交通省が推進している燃料電池船の安全ガイドライン策定に生かし、2020年には燃料電池船の実運用を目指す。

すべての動画・画像がある記事はこちら

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
簡単に車中泊が楽しめるホンダ『フリード+』の遊び方
借金10兆円超え、孫正義とみずほ銀行の「見果てぬ夢」
日産が専用のサスペンションやコンピュータを搭載した『NOTE e-POWER NISMO』を発売
ユニクロで名字変えバイトしていたジャーナリスト、潜入ルポ発表後にいつも通り出勤 解雇を言い渡される
冬ボーナス、中小企業は平均27万7,086円 - 昨年に比べ改善
  • このエントリーをはてなブックマークに追加