最新ランキングをチェックしよう
背中で受け継ぐ歴史と伝統 近年増える“準永久欠番”

背中で受け継ぐ歴史と伝統 近年増える“準永久欠番”

  • ベースボールキング
  • 更新日:2016/10/20

広島の黒田博樹

◆ 増える“準永久欠番”
 日本中に衝撃を与えた広島・黒田博樹の引退。
 広島から夢を追いかけ世界へと羽ばたき、最後は慣れ親しんだ赤いユニフォームに袖を通した。鯉の背番号「15」が見られる時間も、のこりわずかとなった。
 黒田の引退に伴い、広島の背番号「15」を“準永久欠番”に...という声も挙がっている。“永久欠番”ではないものの、ふさわしい選手が現れるまでは球団の“預かり番号

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
沖縄尚学(沖縄)編「東浜―嶺井の黄金バッテリーでセンバツ制覇!沖縄尚学のつながり!」
ソフトB和田、清宮に「21」の“先輩”エール 「球界背負っていくバッター、楽しみ」
ソフトB大隣、無期限で待つ トライアウト好投も声掛からず
岡田圭右、大興奮「パ・リーグ党芸人座談会」に現役選手乱入
打率.000から復活へ ロッテ岡田、再び1軍の「エリア66」で躍動なるか
  • このエントリーをはてなブックマークに追加