最新ランキングをチェックしよう
背中で受け継ぐ歴史と伝統 近年増える“準永久欠番”

背中で受け継ぐ歴史と伝統 近年増える“準永久欠番”

  • ベースボールキング
  • 更新日:2016/10/20

広島の黒田博樹

◆ 増える“準永久欠番”
 日本中に衝撃を与えた広島・黒田博樹の引退。
 広島から夢を追いかけ世界へと羽ばたき、最後は慣れ親しんだ赤いユニフォームに袖を通した。鯉の背番号「15」が見られる時間も、のこりわずかとなった。
 黒田の引退に伴い、広島の背番号「15」を“準永久欠番”に...という声も挙がっている。“永久欠番”ではないものの、ふさわしい選手が現れるまでは球団の“預かり番号

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
収入面でも「成り金」!?藤井聡太四段「29連勝」の対局料は?
クビになっても佐伯貴弘が毎朝6時にグラウンドに現れたワケ 横浜ベイスターズ→中日ドラゴンズ
藤井四段の“勝負メシ”に注文殺到
ファイターズ愛が試される時? 北海道のテレビ局が新聞のラテ欄に縦読みの挑戦状
糸井“凱旋試合”飾れず かつての自主トレ拠点で最後の打者に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加