2018年のクアラルンプールのチャイニーズニューイヤー

2018年のクアラルンプールのチャイニーズニューイヤー

  • 地球の歩き方特派員ブログ
  • 更新日:2018/02/15
No image

中華系マレーシア人にとって1年の最大のイベントともいえる旧正月がやってきました。
この時期になると、街中は赤を基調にした飾りつけでお祭りムード一色になります。

No image
No image

クアラルンプールにあるチャイナ・タウン(China Town)。
現在はどちらかというと露店が多く並ぶ佇まいとなってはいます。

No image

それでもチャイニーズニューイヤーを控え、生花店や菓子店をはじめ
旧正月に欠かせないアイテムなどを買い求める人で賑わっています。

No image

竹の寄せ植えは、中華系のお正月飾りの定番。
値札を見るとRM228(約6,270円)。縁起物とはいえかなりの値段ですね。
おそらくお店などに飾るのではないかと思います。

No image

商店街の入り口ではドリアンが!
というか、匂いですぐわかりますが、これもこの時期に食す人気の食べ物。
中華系マレーシア人はとにかくドリアンが好きで、屋台のはしごをしたりするそうです。
ところで注意ですが、ドリアンは絶対にビールと一緒に食べてはいけないそうです。
なんでもお腹の中で爆発してしまうとか(中華系友人談)

No image

ブキッ・ビンタン(Bukit bintang)のパビリオンKL(Pavilion KL)モール。
何度か紹介しましたが、季節のイベントのたびに趣向を凝らしたアイデアの装飾で知られています。

No image
No image

年末のクリスマス仕様とはうってかわって、こちらもすっかりチャイニーズニューイヤーに。
天井からは花びらが降ってくるかのように見え、別名「春節」と呼ばれるイメージにぴったり。

No image

レストラン街では、縁起物とされる桃のオブジェの前で
お正月ソングを生演奏していました。
なぜかすごい盛り上がっていて、特に琴の男性は、弾きながら記念撮影に応じていました。
見ている人も一緒に口ずさんだり、踊ったり。こういった風景もマレーシアらしさの一つです。

No image
No image

マレーシアではレストランやお店は年中無休で夜遅くまで開いていることが多いのですが
チャイニーズニューイヤーはちょっと事情が違います。
よく働く中華系マレーの人々も、さすがにお休みすることも多いようです。
そのため中華系のお店が短縮営業になったり、レストランが閉まっていたりすることもあります。

爆竹と花火が鳴り響いて止まない賑やかなマレーシアのチャイニーズニューイヤー。
これもまた南国マレーシアの見どころの一つだと思います。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
生理中の子どもとのお風呂。「タンポン」で乗り越えるママの声と使用時に気を付ける「5つのこと」
セックスレスと束縛がきっかけで... AVデビューした主婦・黛あおに直撃
【書評】なぜ知の巨人は、死後の世界が存在すると結論づけたのか
危険な計算式“シンデレラ体重”、20年前に提唱した「たかの友梨」が今になって批判の的に!
通勤電車あるあるが満載!? 『Twitter』で「#ムカつく電車の行き先選手権」が盛り上がる
  • このエントリーをはてなブックマークに追加