マンU戦で今季初の無失点も ドローに不満のクロップ監督「複雑な感情」

マンU戦で今季初の無失点も ドローに不満のクロップ監督「複雑な感情」

  • サッカーキング
  • 更新日:2016/10/19
No image

マンチェスター・Uでリヴァプールを指揮したクロップ監督 [写真]=Getty Images

リヴァプールを率いるユルゲン・クロップ監督が、17日に行われたプレミアリーグ第8節マンチェスター・U戦の試合後、インタビューに応じた。同日、イギリスメディア『スカイスポーツ』など複数のメディアがコメントを伝えている。

試合はホームのリヴァプールがボールを支配する展開。ゴール前に迫るシーンも多く作ったがGKダビド・デ・ヘアの好セーブに阻まれるなど、最後まで得点を挙げることができず。スコアレスドローに終わり、両チームとも勝ち点3を挙げることができなかった。

試合後、クロップ監督は「複雑な感情だ」と素直な気持ちを吐露。「幸せな試合ではなかったね。我々はできる限りのプレーができたとは思っていない」と、満足いく内容ではなかったと口にした。

また、「前半は良いスタートだったが、彼らのマンツーマン気味の守備に勇敢さが出せなかった。2、3度ダビド・デ・ヘアのビッグセーブがあったが、我々のパフォーマンスは本来あるべき姿とは言えなかったね。ただ、初のクリーンシートは良かったと思うよ」と続け、今シーズンのリーグ戦初の無失点には一定の満足感を示した。

第8節終了時点で5勝1敗2分けの勝ち点17で4位につけるリヴァプール。次節は22日、ウェスト・ブロムウィッチをホームに迎える。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
内田、21ヶ月ぶり公式戦出場。シャルケは南野フル出場のザルツブルクに敗戦
内田が1年9カ月ぶり復帰「サッカー人生取り戻す」
内田篤人が約1年8か月ぶりにベンチ入り果たす(4枚)
内田篤人がついに復帰! 途中出場で約1年9カ月の負傷離脱に終止符
右膝手術乗り越え...内田篤人が618日ぶり復帰、南野のシュートをブロックも

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

おすすめの特集

おもしろい・役立つ記事をピックアップ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加