中山秀征&中川翔子が感謝の気持ちでいっぱい。「ウチくる!?」が3月25日放送で19年の歴史に幕

中山秀征&中川翔子が感謝の気持ちでいっぱい。「ウチくる!?」が3月25日放送で19年の歴史に幕

  • TVガイド
  • 更新日:2018/02/13
No image

1999年4月4日からスタートしたフジテレビ系バラエティー「ウチくる!?」(日曜午後12:00)が、3月25日の90分スペシャルをもって、約19年の歴史に幕を降ろす。「ウチくる?」「いくいく~!」でおなじみの同番組は、中山秀征らMC陣が毎回ゲストを迎え、ゲストにゆかりのある場所やおすすめのお店、注目の街や話題のスポットを巡りながら、楽しいトークを繰り広げてきた。日曜昼放送の番組としては異例の16.5%という視聴率を記録するなど、歯に衣(きぬ)着せぬトークで愛された飯島愛と共に、新しい形式のトークバラエティーとして長寿的人気を集めた番組だ。中山の相方を務めた飯島の後任は久保純子フリーアナウンサーが務め、3代目となる現在の相方に、中川翔子がそのバトンを継いでいる。番組終了が正式発表された2月11日放送分まで、放送回数は863回。登場ゲスト数は917人。番組平均視聴率は8.4%。これまでの歴代最高視聴率は、2003年2月2日放送の16.5%となる。

放送終了について中山は、「番組の企画を考えたあの頃を懐かしく思います。タレントなら誰しもが故郷に錦を飾りたい、そんな思いを胸に、この東京に向かったことと思います。だから友達や恩師に感謝の気持ちが伝えられる番組になればと思い、スタートしました。ゲストの数だけ歴史があり、その場所に思い出や食がありました。たくさんの方から人生を学び、笑いと涙がありました」と回想。相方を務めた3人に触れて、「皆さんそれぞれの『ウチくる!?』にしてくれましたね。感謝いたします。そして、19年間応援してくれた皆さん、本当にありがとうございました」としみじみ。

中山の相方を6年半務めた中川は、「ゲストの皆さんの人生の深さに感銘を受けたり、波瀾(はらん)万丈なエピソードに驚いたり、笑いや感動にあふれた、楽しくアットホームな現場です。『ウチくる!?』でいつも支えてくださった視聴者の皆さん、スタッフの皆さんのおかげで、全ての仕事において、話すこと、表現することが大好きになりました」と感謝。同番組を「人生における学びの場」と表し、「このような番組に携われて感謝の気持ちでいっぱいです。この経験を生かして、今後もさまざまな活動を行っていきたいと思います。ありがとうございました」と、話している。

キーワード

ウチくる!?

中山秀征

中川翔子

久保純子

飯島愛

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

プロフィールを見る

テレビカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「まるでロケ現場...」大杉漣さん急死、遠藤憲一らが病院で大号泣...ドラマ撮影続行を直談判か
向井理「愛のないセックスの方が...」発言に視聴者赤面
"あざとかわいさ"は10年前から健在 『ホリデイラブ』スピンオフ
2位は1リットルの涙!「泣けるテレビドラマ」第1位は?
とんねるず、みなおか“野猿サギ”に視聴者激怒!「こんな番組なら終わるわ」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加